岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

岐阜で土地を探す方・中古住宅を探す方へ

岐阜で土地を探す方・中古住宅を探す方への情報ページ

岐阜で土地を探しているあなたへ、土地探しのレポートを書きました。

岐阜で土地から家造りを始める方にミニレポートを作りました。

これは、ある企業の通信に書いた内容を少しアレンジして載せました。ちょっと読みにくいこともあるかもしれませんがご了承ください。


5年で40組のお客様の土地選びをお手伝いしてきた一級建築士が、家を設計する立場からお話しする
「これだけは知ってほしい土地の選び方」
 

私は毎年8組のお客様の家造りのお手伝いをしています。

私のお手伝いは家の設計監理は当然のこと、土地探しのお手伝い、資金計画のお手伝い、金融機関の選択のお手伝いまで行っています。(ちょっと自慢ですが・・)
 

なお、弊社は不動産の免許は持っていませんので土地探しのお手伝いは、信頼のできる不動産屋さんからあなたに紹介頂いた土地を、建築士の立場で調査検討することです。
そうそう、最近中古住宅を調査すること増えてきました。
 

私の土地探しのことをちょっと書きます。
私は、7年前に自宅を建てました。当時は「土地なんていっぱいあるからすぐに見つかるさ。」なんて気軽に考えていました。しかし現実は・・・

理想の土地はまったく見つからず毎日イライラ、妻とは意見が合わずけんかの毎日。それでも何とか不動産屋さんによい土地を見つけてもらって安八町に家を建てることができました。


私は偶然と運だけで土地を見つけ、問題も少なく家を建てることができましたが、冷静に振り返ると完全に綱渡りでした。今考えるとゾッとします。それに・・・・ひとつ大きな失敗もしていますし。(その失敗は後からお話します)

このレポートを読んでいるあなたには、間違いのない土地探しと住宅づくりをしてほしいと考えています。私の経験と土地探しをお手伝いさせて頂いた経験から間違いのない土地探しのポイント3つを、あなたにお話します。
 

ポイント1:土地を探す前に必ず家の価格と諸経費を調べましょう。
私がお手伝いしたお客様のほとんどが、土地を探すときお金のことは「大体こんな感じだろう」とか「この地域の土地の相場はこんなもんだから、仕方がないか。」という安易な考えで土地探しを始めていました。

これ、むちゃくちゃ危険です。 土地は買ったけど家が買えないとか、希望とかけ離れた家しか建たないとか、こんなハズじゃなかったという無理な住宅ローンを抱えてしまうことになりかねません。
 

ここで、あなたにちょっと質問します。

Q:あなたは、住める家になるまでにいくらかかるかご存知ですか?
土地によっては、地盤改良が必要なところもあります。そうなるとすぐに80万円プラス、なんていうことも。

また、河川法に入っている地域で水道や下水を引き込もうとすると、、、エエッ と叫びたくなるくらいお金がかかっちゃう。
家でもそうです。本体価格いくらといっても、カーテンや照明、エアコンは入っていないのは当たり前、設計費用が入っていないところもあります。

Q:諸経費は、いくらかかるかご存知ですか?
大体170〜250万円位といわれていますね。けどこれもケースバイケースです。

まずは、これらの金額をきちっと抑えることからです。けど、どうやって調べていいか判りませんよね。
私のお勧めは、土地を探すときには家を建てる建築屋さんを決めておくことです。
ちょっとセールスっぽいですか? けどこれが理想なんです、本当ですよ。うちじゃなくてもいいですからね。
 

ポイント2:住宅ローンの勉強をしておきましょう。
これ、私が失敗したことなんです。
土地が見つかったけど、お金をどうやって借りて良いのか知らなかった私はとりあえず銀行にいって、「一番安い借り方でお金を貸して、お願い!」といってお金を借りてしまいました。
その3年後、、月々の支払いが2万円弱増えてしまいました!冷や汗ものです。

そうです、私は住宅ローンで一番危険な3年の短期金利固定のローンで借りてしまったのです。

2013年、金利は間違いなく上がってくるでしょう。けど、まだまだ長期固定金利の商品、たとえばフラット35とかが一番お勧めです。というか、これにしてください。

確かに、最初の支払い金額は増えます。お金も借りられる金額が減るかも知れません。建築屋さんも入金時期がズレるので嫌がります。しかし、まだまだ低金利の今だからこそ絶対にお勧めしたいローンなのです。

ただし、相続とか、返済の方法とか、条件によっては短期固定や変動金利を利用したほうがよい場合もあります。

住宅ローンの勉強は本屋へ行って、住宅ローンの本を1冊買ってきて読んでください。
お金の話ですのでちょっと難しいです。けど、10年後「あの時、努力してよかった。」と きっと思うはずです。
 

ポイント3:あなたにとって理想の立地条件を考えましょう
あくまでも私の考え方ですが、私がお手伝いさせて頂いたお客様全員に賛同して頂いている考え方でもあります。

土地の形状が真四角じゃなくても、向きが北向きだろうが南向きだろうが、大きさが小さかろうが間口がせまかろうが、設計しだいでよい家は建つものです。 その証拠に、東京のあんなに込み入った土地でもよい家は建っていますね。

けど、設計の力ではどうしようもない事があります。 それは立地条件です。

交通の便はよいだろうか、子供たちが楽しく学校に通えるだろうか、年をとったとき買い物はどうだろうか、周りの人たちと仲良くやっていけるだろうか、

これらは、設計の力ではどうしようもありません。そしてこれらは将来、土地の資産価値にも関わってきます。
立地のよい土地は、将来的にあなたを助けてくれるはずです。だから私は「よい土地は、大きさでも形でも日当たりでもなくて立地条件なんです。」といい続けています。
 

  • 最後まで読んでいただいたあなた耳よりなお知らせを用意しました。

土地探しのポイントをもっと詳しく知りたい方に、私が書いた「土地の探し方の本」を無料プレゼントします。

この本は、土地選び3つのポイントをもっと具体的に書いたものです。それに加えて、なんと!! とある大手不動産屋さんの専務取締役との対談も入れました。

不動産業者さんの本音はきっとあなたの土地選びにものすごく参考になるはずです。

土地の探し方の本 プレゼント ここをクリック

totisagasi2.jpg