岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

2世帯住宅

名古屋にお住まいのご夫婦が、生まれ育った岐阜に親さんと一緒に住むために造った家です。

37坪の面積に、2家族の居場所と、家族7人が集まれる大きな中心の部屋がある二世帯住宅です。
お茶目な女の子たちと元気な男の子が親さんの部屋と、ご夫婦の居場所を行ったり来たり、そんな楽しい暮らしが出来るように「行き来の家」と名づけました。

tumakiie2.jpg

家の真ん中に吹抜けのある広いホールを取り、きちっと仕切るのではなく、何となくの距離をとって、それぞれの世帯をゆるやかにわけました。
そのホールの突き当りには、上下に開放できる窓がある階段。お客様から「ここから差し込む朝日がいいんですよ。」と感想をいただきました。

ホールを挟んで、南側には家族が集まる大きな部屋。プライベートな庭と一体になり、緩やかな時間が流れる空間になっています。(ちなみに庭はフランス人の庭師がつくりました)

古い街中の変形地に何度も足を運び、図面上で建物を1度単位で傾けながら位置決めをしたこと、理想のキッチンを目指すために、某メーカーに「天板だけ頂戴」と無理を言ったこと、全てが楽しい思い出でがある家、

15年後、どんなに楽しい家庭になっているだろうかと、いまから楽しみです。

tumakiie1.jpg

tumakiie4.jpg

tumakiei3.jpg

ご夫婦とお子様、お母様の2世帯プラス奥様の事務所という住宅です。

毎日忙しく働くご主人と奥様、そして遠くからいらっしゃるお母様、ご家族の希望は気兼ねなく暮らせること。

みんなの気配を感じながら、間合いを上手くとるということがテーマになった家です。

そこで、働く場所、ご家族の住まい、お母様の住まいを玄関でつなぐという方法を取りました。また、2世帯住宅によくありがちな、1階と2階を分けるという単純な解答でなく、建物を上下左右4分割と考え、その組み合わせで2世帯を区切りました

inugahuchi1.jpg

47坪の住宅は、スクエアタイプのデザインを採用し、洗練された形にまとまっていながら、キチット庇は出して雨から外壁を守ることを心がけています。

ご夫婦の住宅は、土間のタイプとし、蓄熱式温水床暖房を採用。8畳の大きな吹抜けがあっても、冬も暖かな空間になっています。

吹抜けに面した2階のホールは、ご主人が、夜のひと時に家族の気配を感じながらリラックスするのにもってこいの場所になりました。

お母様の住宅は、床を杉板、壁紙を土佐和紙で仕上げ、優しく包み込むような空間となっています。
先日ちょっとお邪魔させていただきましたが、何となく日本茶が似合う明るい空間になったなと、嬉しく感じました。

小学校に入学されたお子様が自分の住まいとおばあちゃんの住まいを言ったり来たりする姿がほほえましい住宅です。

inugafuchi2.jpg

inugafuchi3.jpg

inugahuchi4.jpg

本プレゼントClick.jpg