岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

お客様の声

お客様の声

今回はいただいた年賀状のコメントを紹介したいと思います。
なぜかって?だって、嬉しかったからです。。。

まず一つ目は、4年ほど前にお引渡しさせていただいた方からです。

このお客様は、以前名古屋に住んでおられ岐阜にいらっしゃいました。

土地探しのとき、小さなお子様が造ってくれた折り紙の金魚を持ちながら、土地を確認しに行ったことを覚えています。その子ももう小学生。土地探しは結構苦労されましたが、最後には落ち着いた場所によい土地を手に入れられました。

二世帯で住んでいらっしゃって、いつ行っても気さくに迎え入れてくださいます。

奥様は、3人のお子様を育てながら、新たなチャレンジをするために専門学校に通っていらっしゃいます。凄い方なんです。

タマゴグミの深い軒のバルコニーの原型になったお家です。

さて、2つ目は、、、あっ、ちなみに6つめまでありますので、今回は結構長文になります。

2013nenga2.gif

このお客様がタマゴグミにいらっしゃったのは、すでに建築屋さんがほぼ決まっていたときです。
ずいぶん計画も進んでいたようでしたので、私から「その会社でご計画されてはいかがですか?」といった覚えがあります。

それがなぜかタマゴグミに帰ってきて下さり、建てさせていただく事になりました。

完成間近に、私どもの手違いでエコキュートを壊しちゃって迷惑をかけてしまいました。それでもこのように付き合ってくださるお客様に感謝です。

奥様は、ピアノが上手と聞いていますが、いまだに聴いておりません。
次回の床下点検のときはBGMをお願いしようかと。。
 

3つ目は大垣で建てさせていただいたお客様です。

タマゴグミのCo−Madoriタイプに一枚の壁をつけたお家を造らせていただきました。

2013nenga3.gif

打ち合わせのときはいつもネコさんも一緒でした。

すんでいらっしゃったアパートのすぐ隣に建てさせていただいたので窓際でネコさんがいつもジーっとこちらを見ていたのが印象に残っています。

6帖の大きな吹き抜けがあるにもかかわらず、暖かいといって頂きほっとしています。
多分・・・エアコンの性能がいいのかも・・・
すみません、なかなか寄れずに。
ネコさんが増えたようですので、風さんに挨拶がてら寄らせて頂きます。

4つ目は岐阜の街中で建てさせていただいたお客様からです。

2013nenga4.gif

最初にモデルハウス(私の家です)に奥様とお嬢さまがいらっしゃった帰り際、まだ何も決まっていないのに「じゃあ、お願いします。」といわれ「えっ????うちで本当にいいの??」とビックリしたことをお覚えています。

(お母様が、後々親戚の方に「大丈夫?そんな聞いた事のない会社で。」っていわれてしまったそうです。私がその方だったら・・・・私でもそう思います。)

間口が狭い40坪のお家に住んでいらっしゃり、それを取り壊して新しい家を計画しました。なんとその大きさ17坪ちょっと。。以前の半分もありません。ものを思いっきり捨てていただきました。

不便と感じていないかな?なんて心配していましたが、一安心です。
私にとって40坪を17坪に変える仕事はやりがいのある仕事でした。

5つ目は昨年お引渡しさせて頂いたお客さまです。

2013nenga5.gif

3年ほど前です。

休みの日に仕事をしていたときお電話を頂き、その日に事務所までいらっしゃって確かその場でご依頼いただいたことが記憶に残っています。

このお家は、ちょっと広いバルコニー、そして半吹き抜け空間があるタマゴグミの新しいスタイルの一号です。と、偉そうに書きましたが、それができたのもお客様のおかげです。
設計を進めるにあたり、お客様の一言一言がヒントになりこの形ができました。

よい家は、土地の条件とお客様の希望と何気ない言葉から生まれるんですね。
そんなことを教えてくれた仕事でした。
お打ち合わせにいくと、元気なお子様2人がいつも楽しみに待っていてくれるのが嬉しかったです。

そして最後は、今年になってお引渡しさせていただいたお客様です。

2013nenga6.gif

東京に住んでいらっしゃったご夫婦で、引越しを機に岐阜にいらっしゃいました。

お打ち合わせのときのご夫婦の会話や、現場に一緒にいらっしゃったときのご夫婦の様子を見るたび、「ああ、うちもこんな夫婦になりたいな。」という、私が理想とするご夫婦です。

私どもの提案やわがままをを全部採用してくださり、そしてお引渡しのときにお礼を頂けるなんて、改めてこの仕事がよい仕事なんだと感じさせていただきました。

他にもたくさん年賀状をいただきました。
紹介したいのですが写真を撮ったらその方のプライベート情報が出ちゃうものが多いので控えさせていただきました。

こうやって振り返りながら年賀状を見てみて改めて感じるんですね。

タマゴグミって結局よいお客様方に育てられているんだって。

多分、工事中に「いては、どーショーもねーなー」と思われたこともあるでしょう。
けど、それをおおらかに受け止めていただき期待いただいたからこそ、いい家ができたんだなと感じます。

だから私としては、どうしてもこの仕事をずっと続けて行きたい。息子や娘じゃなくても、誰かにタマゴグミを継いでもらって続いていってほしい、それが希望です
大きくなりたいなんて思いません。
このままでいいです、いやいやこのままが良いです。

「はあ?タマゴグミ??何、それ。」っていわれる様に知れ渡らず、ひっそりと細く長く。
そして、建てていただいたお客様と人生を楽しむ。
理想の建築屋像です。

金環日食の写真を頂きました。

先日の金環日食、ご覧になりましたか?
もし見れなかったとしたら、名古屋は29年後(岐阜も見れるのかな)らしいです。それまで、買った金環日食用のめがねは取っておきましょう。

さて、タマゴグミの家に住んでいらっしゃるお客様からメールで写真を頂きました。

お客様からのメール

金環日食 岐阜.JPG

先日の金環日食をデッキで観察していたのですが、子供が2階の部屋から呼ぶので行ってみると、部屋いっぱいに環が映し出されていてすばらしかったです。

子供は大興奮でこの家すごすぎる〜と長い間、デッキと部屋を行ったりきたりで大興奮!
とってもいい思い出になりました。

本当に日の光がよくあう、自然を感じられる素敵な家です。

うん、思い通りの結果です。
バルコニーの木の手すりの間から光がこぼれ落ち、杉床いっぱいに金環日食が・・・

なんて計画はしていません。本当に偶然です。

私の場合、さとこさんと一緒にバルコニーに出てボ〜〜〜ッと上を眺めていましたので、部屋の中の様子まで気づきませんでした。
もしかしたら、床いっぱいにこんな光が広がっていたかもしれないのに・・・

思い出は旅行など外だけでなく家の中でも出来るんですね。
そのためには、やっぱりあなた自身が好きになる家を建ててほしいですね。
そりゃ予算の都合もあるでしょう。私の考えは予算に合わせて仕様を落とすのではなく、予算に合わせて大きさを小さくすればいいと思っています。

29年後、岐阜で運よく金環日食が見られたとしたら、あめ色になった杉の床の上にこの光が映るんですね。

ご報告を頂いたお客様が住んでいらっしゃる家は

oogakicomadori.jpg

Co−madoriタイプの家です。
床面積は22坪です。

お客様から写真つきのメールを頂きました

一年ほど前にお引渡しさせていただいたお客様より写真つきのメールを頂きました。

お客様からのメール

お客様からこいのぼり.jpg

こんばんは。
さきほど家に帰ったら、うちの柱がこいのぼりの支柱になっていました。
大人は頭が引っかかるので、ある意味ワナなのですが・・・・・
子供はぴょんぴょん跳ねて楽しそうです。

ありがとうございました。

ここのお宅へお邪魔すると、いつもお子さんが書いた絵が貼ってあったり、お子さんがイタズラして貼ったシールをそのままにしてあったり、家全体がお子様の遊び場となっているところがあったかくていいな〜と思います。
お引渡ししたときは赤ちゃんだった下の子も、もうジャンプが出来るようになったなんて凄いですね。
このこいのぼりも、2人の小さな画伯の作品なんでしょう。

私が考える理想の家は、使い方を選ばない家です。
いつもいつもきちっとしていなくちゃいけない、子供が何かしたら叱らなくちゃいけない。
そんな窮屈な家は私としては造りたくないと思っています。

急なお客さんが見えても「ごめん、1分待って。」とササッと片付けて迎え入れられる感じの家造りが私の理想です。
お子さんの落書きやつけた傷も20年後にはきっと良い思いでとなるはずです。
出来ればお子さんの落書きや傷はそのままに取っておいてほしいと願っています。

このお宅は、理想そのものの生活を送ってもらっています。
作り手としては大変うれしく感じています。

そんなお便りをくれたお宅はこちらです

ゆるらかな家

お客様から嬉しいメールをいただきました。

お客様からのメール

otei okyakusamakoe.jpg

建てていただいた家、蒸し暑い日でも風が通って快適です。
冬も暖かく過ごさせていただいたし、これなら夏にも心配ないかなと思っています。

私の職場の同僚とお子さんが家を気に入ってくださり、先々週に泊まりに来たばかりなのに、今日も泊まりに来ます。
そのママいわく、「木に包まれてるのが気持ちいい」「自分たちが下で話し込んでても、2階の子供たちの様子がわかる」とのことでした。

あと、子供たちが走り回っても、不快な響きではなく、「元気に遊んでるな」って感じるそうです。
昨日、「あの気持ちいい家にまた行ってもいいですか」って聞かれました。私も鼻高々です。

嬉しい感想をありがとうございます。

家族5人が25坪ちょっとの家に暮らすお客様。さらには、お客様とそのお子さんが泊まれるスペースがあるなんて、設計した私もビックリです。ということは、わざわざお客さんやご両親が泊まる部屋なんて用意しなくていいみたいですね。

そういえば、アメリカでは、お客さんやご両親が来たとき、子供は自分の部屋を譲ると聞きます。そんなふうに工夫したり、家族内のルールを作っておけば余分な部屋を作らずに済みそうですね。

ご夫婦ともお仕事を持っていらっしゃって、毎日お忙しいと思いますが、家にいることが少しでもいやしになれば幸いです。

ありがとうございました。

お引渡しさせていただき、2ヶ月のお客様より嬉しい感想メールをいただきました。

いての追記付きです

お客様からのメール

家は、暖かくなってきたこともあり、さらに快適に過ごせています。
友達が来ても、何人もの子が居心地が良いと言って長居をしていってくれます。
子供たちはお風呂に入っていったり泊ったり。

いての追記

正直なお子さんたちに「居心地が良い」なんていわれると、嬉しいですね。

私の友人たちには特にキッチンは好評です。
出窓は一時当たり前のようにどの家にもついていたと思うのですが、思いの外、いいなぁ〜!という声が聞こえます。

いての追記

キッチンはさとこさんに伝えたところ、大変喜んでいました。

出窓は、奥様の案で取り入れさせていただきました。さすがです、私が気付かなかった使い勝手をお教えいただき、ありがとうございました。

窓にレースのカーテン、出窓と作業台の境目にロールカーテンにしたのも使い勝手がよくなった勝因(?)の一つだとおもいます。
これは大垣カーテンの富田さんの案です。

いての追記

さすが富田さん。
お電話でしかお話していませんが・・・・

大人にとったら邪魔かな・・・と思いがちなテーブル横の柱は小さい子供に人気でグルグル手でつかまりまわっています。
小さい子はみんなやっていきます。

いての追記

メインになる部屋(タマゴグミでは中央の間と呼んでいます)には、出来る限り柱を出したいと思っています。その柱は、結界になったり、思い出を残してくれる装置になると私は思っています。
少々傷ついても家は倒れませんので、物をぶつけたり(わざとはやめて下さい)背丈を記録したり、釘を打って物を飾ったり、色々使ってやってください。

仕事部屋がまだ、手つかずですが、冬は相当寒いです。
今でもひんやりしています。
冬快適に仕事ができるよう、何か寒さ対策にできることがあるか、お願いします。

いての追記

了解しました。
秋すぎに一緒に考えさせてください。

居心地が良いといっていただくのが、タマゴグミにとって最高の褒め言葉です。
ありがとうございます。

タマゴグミの仕上げ素材についてですが、室内は汚れや傷がついても、そのままにしておけるような素材ということを考えて使用しています。

最近うちの娘が大学生になり、下宿するようになりました。
使っていた部屋はガランドウ。
壁には、ポスターの跡とか、付けた傷とか、そして階段近くには新築間もない頃、娘がぶつかってへこませた壁の跡とか・・・・確かに娘がいた形跡があり、うちの歴史になっています。

娘がお母さんになってうちに来たとき、孫に「これはおかあさんが蹴っ飛ばしてへこませたんだよ」と言える日を楽しみにしています。
そんな思い出が残せる素材を使い続けたいです。

hayashi1.jpg

お引渡しさせていただいたお客様から感想をいただきました。

お引渡しさせていただいたお客様から嬉しいメールをいただきました。

実は吹抜けがある家って寒いことがあるのです。
ちょっと心配になって、どうですか?ッてメールを送ったらお返事をいただきました。

お客様からのメール

今の家は本当に快適です。
家中どこにいても同じ温度で、アパートのときのように「寒いからトイレもいきたくない〜」っていうのもないです。
朝も布団から出られないってことはないし、暖かく暮らさせていただいています。

そしてこの家、意外に夫との時間が持てるんですよ!
2階で子供達寝かせてから、下でゆっくり今日一日の話しをしたりしています。
2階の小窓を開けておけば、子供達の気配もわかって、功ちゃんが起きてぐずったときとかすぐにかけつけれます。

そして、少し子供達と距離を取りたいなと思ったときには、下で寝たり、2階の居間で寝たりもしています。

昼間は日当たりのいい場所でゴロゴロしたり、家事をしたり。
実は来月から病院で働くことになったので、この昼間のまったりした時間は残り少ないのですが、有意義に使いたいと思います。

先程メールした床の傷(おもちゃを落としたり、たたきつけたりするんです)も、「これ、今日功ちゃんがやったんだよー」などと、夫婦の会話の一部分になったりしています。

夜、寝る時間を過ぎて、子供達が目を覚ましてしまうと、淋しいのか、小窓から話し掛けられたり、朝日の上がる時間に小窓から見るステンドグラスは最高です。

本当に素敵な家をありがとうございました。

広さも、前述のようにプライベートな時間もとれるせいか、5人もいるわりに全然狭く感じず、広すぎず、快適です。

一生に渡る大きな買い物でしたが、井手さんに作ってもらえて、本当によかったです。
ありがとうございました。

我が家を井手さんの作品の自慢の一件にしていただけたら幸いです。

なんか褒めすぎですね。照れます。
しっかりと自慢の家にさせていただきます。
自画自賛の私ですので。
さて、吹抜けについてです。
タマゴグミで建てていただいたお客様のなかにも、「吹抜けは夏はいいですけど冬は寒いですよ」という感想を頂いています。
ですので、極度の冷え性の方には吹抜けはお勧めできません。
また、吹抜けを造ったとしても、ふさぐことが出来るように計画しています。
今回ご感想を頂いたお宅は、大きな大きな吹抜け(6帖分)があります。
それでは何で寒くないのでしょうか?
考えら得る要因としては、熱量をしっかりととっているということです。
ちょっと長くなりますがご興味のある方は読んでください。

タマゴグミの家は高気密高断熱住宅です。

ということは冬暖かい住宅なんだろ?と思われるかもしれませんが、厳密に言うと違います。

何もしなくて冬暖かい住宅は無暖房住宅といって、日本でも数少ない住宅です。
これは凄い断熱材を使い、さらには家電から発生する熱量、太陽から(窓から)の熱量、人からの熱量を計算し、それだけで暖房がまかなえる構造にしています。
窓の位置、量、全て計算しつくされた家です。
ということは、費用もかかり、また、間取り等も制限されてきます。
タマゴグミとしては、現在のところ当社が造る家の方向性とは違うと判断し、無暖房住宅は造っていません。

それでは、高気密高断熱住宅はというと、「エネルギー効率が良い住宅」と考えてください。つまり高気密高断熱住宅でもエネルギーを与えなくては暖かくはならないということです。

魔法瓶を想像してください。
魔法瓶に熱いお湯を入れると、長い間熱さを保ちます。
冷たい水を入れると、これまた冷たさをずっと保ちます。
家も同じで、暖かくしようと思ったら、それなりのエネルギーをかけてまずは暖かくしてやらなくてはいけません。

「いやいや、ちゃんと暖かくしているよ。けど寒いんだ。」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

タマゴグミがお世話になっている断熱のプロ

日本住環境の北村先生いわく

冬になったら、まず家をしっかりと暖めてください。
空気だけじゃなくて、壁、天井、床、家具、全てが温まるまでです。
そして、エアコンは切らないでください。
最近のエアコンはかしこいので、自分で消費エネルギーは調整します。
それのほうが消費電力が少なくてエコなんです。

そして

家は、夏は暑すぎず、冬は寒すぎないのがいいのです。
そして温度差が出ない住宅が安全なのです。

と言っています。

現在、ご感想を頂いた奥様は一日家で過ごされています。その間は弱くエアコンを使用しています。

家がしっかりと温まっているから、吹抜けが大きくても暖かいのではないかと思われます。

タマゴグミとしては、気配が感じられる装置、コンパクトな家でも広がりが感じられる空間、そして暑くなりつつある日本の気候を考えると、吹抜けをお勧めしたいと思っています。
しかし、冬はエネルギー効率が悪いのは確かです。

家を計画されるときは、そんな点も考えられて造られるといいと思います。

ご感想を頂いたお客様が住んでいる家は26坪のコンパクトなお宅です。

imaminne1.jpg

新築見学会に参加されたタマゴグミオーナーさんの声です

タマゴグミで建てていただいた方が、新築見学会に参加されてこんな感想を送ってくださいました。

タマゴグミオーナーさんの声

昨日はありがとうございました。お疲れ様でした。
久しぶりに奥様ともお会いできて、嬉しく、楽しかったです。

本巣のお家、よい家ですね〜。
特に、タマゴグミオリジナルキッチンと、デッキをのぞむ、お風呂の大きな窓がよかったです。でも、よその家とは思えなかったのは、やっぱりタマゴグが作った家だからですね。

ホント言うと、訪問前は、「うちもこうすればよかったぁ〜」って悔しい思いをするのではって、ちょっと心配してたんですよ。

でも、うちに帰って、やっぱりうちが一番!て思いました。
それもこれも、タマゴグミが、(主人でなく!?)私のこだわりを大切に家を作って下さったからですね。
改めて、感謝、感謝です!!

それではまた、よい家を作って、見せて下さい。楽しみにしています。

嬉しい言葉でしたので、思わずホームページに紹介させてもらいました。
やっぱりうちが一番
これは、建築屋にとって最大の褒め言葉です。

家を造るときは、お客様と設計担当とで真剣に何度も何度も打ち合わせをします。
お客様の思いをどこまで引き出し、どこまで反映できたかが、よい家になる条件です。
ということは、お客様にとって、よい家とは自分の家ということになるはずです。

良い家とは、隣の家や、友達や知り合いの家との競争ではなく、自分の思いを詰め込んだ家がよい家です。
だから、勝った負けたなんていうことは無いのですね。

夏1年目の感想をいただきました。

大垣で建てさせていただいたお客様より、1年目の夏の感想をいただきました。

お客様からの感想

oogakifukinuke.jpg

今年の夏は快適でした。

1Fの吹き抜けも朝や夜はなかなか涼しく、実はエアコンまだ付けてないんですよ!
主人が、どこまで我慢できるかやってみようと言いまして。

日中暑くていられない日も勿論ありましたが、その時は事務所にいるので問題なし、キッチンは確かに汗だくでしたが、うちのメニューは切る、炒めるが主ですので、短時間しのげば夜の風で気持ちよく過ごせました。

ただ、やっぱり暑い夜は、クーラーとテレビのある主人部屋に集合、引きこもり部屋のはずがすっかりリビング化していまして、せっかくの広い家であの部屋で皆でお菓子を食べたりしているのが面白く、それも良しでした。

いての追記

快適といってもらってありがたいです。
何も特別なことはせず、特別な装置もつけず、普通の方法でしっかりと造れば私は充分性能は発揮すると思っています。
壁の中に空気は通さず、屋根は熱をためない方法をとる、ただ、それだけです。

文化的なご主人が、エアコンなし生活を提案いただけるなんて、嬉しいですね。
ご主人念願の、ご主人のためだけに造ったあの部屋、皆さんの溜まり場になってしまいましたか。
たぶん、包むようなあのサイズが家族を引き寄せるのでしょうね。

2Fで水を使うとゴボゴボっと音がします。
溢れて来たりなどはないのですが、お風呂のお湯がなかなかひかないような。
排水口の見える部分は掃除していると思うのですが、ついででいつでも結構ですので見て頂けるとありがたいです。

いての追記

ご迷惑をおかけしました。
外部の蓋を変えて対応させていただきました。

嬉しい感想をいただきました

岐阜でコンパクトな家を建てさせていただいてるお客様よりブログに嬉しい感想をいただきました。

お客様からの感想

masaktgai.jpg

うちの階段も、素敵ですね。
当初は階段でなく梯子の予定でしたが、階段と決めた時、部屋が狭く感じられそうで、一抹の不安がありました。
けど、いざ、その階段が姿を現した時、私は、一目で気に入りました。何て、可愛い階段なんでしょう!!状況から、急な階段になるのは分かっていましたが、想像していたより上りやすくおりやすい。

して、大工さんがやすり(?)をかけて下さったのを目にしたせいかもしれませんが、何とも愛しく感じられます。

腰をかけてもみました。幅もけこみも、小さいのに、とってもいい感じ!
そこに腰を掛けては物思いにふける、そんな自分が想像できます。

…私たちは、タマゴグミさんの第一印象で、新築を決めました。
その期待を裏切ることがなく、タマゴグミさんはエスパーではないかと思う、今日この頃です。

いての追記

エスパーいてです。
(何か昔エスパー伊藤という芸人さんがいたような気が・・・)

タマゴグミは提案をさせていただいただけです。それを受け入れてくださったお客さまがいるから、よい家が出来ていくと思います。

私がエスパーではなく、お客様が真剣に家のことを考えてくださり、その研ぎ澄まされた感性が、自分たちにあった判断をさせているのだと思います。

そうそう、階段って登るだけじゃつまらないんですね。階段が一つの居場所になる、一つのオブジェになる。
タマゴグミとして提案していきたいことの一つです。

写真は外観です。
階段は完成してからアップします。

見学会のあとに嬉しいお便りをいただきました

先日、見学会をさせていただいたFさまよりうれしいメールをいただきました。

尚、井手のコメント付きです。

Fさまからのメール

昨日はありがとうございました!
本当はもっとたくさんのお客様に見に来て頂けたら良かったのでしょうが、時間が空いたおかげで井手さんご夫婦とゆっくりお話し出来て、とても楽しかったです。

さとこさんともこれまでご挨拶程度しか出来なかったのが、色々面白いお話し(井手さんの話題を中心に・・・(^_^))ができた上、娘のお相手までして頂き、本当に楽しいひとときでした。

いての追記

な、、何の話をしたんだろう??気になる。

うちの母も、「お話ししていて井手さんが本当にいい人だな、と思った」と今さらながら申しておりました。
あと、さとこさんもいつもと雰囲気が違ってとても綺麗でビックリしました!

いての追記

「いつもは作業着で作業をしていますので、そのギャップでよく見えたんじゃないの?」と本人は言っております。
私も・・・その意見に賛成です。

もっとお客様に私からも住み心地などをお話しすればよかったな、と少し後悔しておりますが、お帰りの後でお客様の感想カードを読んで、私が語らなくても家を見てもらえば、タマゴグミの家の良さは通じるんだな、と安心しました。

とても嬉しい感想を頂いて、改めて幸せを感じています。
ホント、タマゴグミのお客様はいい方ばかりですね!私も含めて(?!)!

いての追記

これは私も本当に感じます。
タマゴグミのお客様は本当にいいかたばかりです。
嬉しい限りです。

tumakinaibu.jpg

どんな家でも家族が仲良ければ幸せだ、とは言いますが、やはり「家」って大切なんだな、と毎日感じています。

設備の豪華さなどではなく、なんと表現してよいのか分かりませんが、家に包まれている感覚がとてもしっくりくるというか、安心するというか・・・。
タマゴグミさんのHPをたまたまネットで見つけたのがもう1年半以上前のこと。
色々家を見て回っていた頃です。

タマゴグミさんのHPに載っているお家の写真を見た瞬間に、一気に自分がこの空間で暮らしている姿が想像出来たのを今でも覚えています。
結局その時の直感を信じて家造りがスタートした訳ですが、それが間違いでなかった、と確信しています。

ご縁があったことを今さらですが感謝しています。
これからも色々頼りにさせて頂くと思いますが、宜しくお願いします!

いての追記

こちらこそよい家を造らせていただいて感謝です。
私は、家族それぞれに「住むチカラ」を持っていると思います。

しかし、そのチカラは発揮できる間取りや仕様になっていないと出て来ません。
F様は、私どものホームページを見ていただいたときに、きっとそのチカラに気付いていただけたのだと思います。

また、計画段階からご家族全員で一生懸命家造りに参加いただけたから、よい家になったと思います。
ありがとうございました。

タマゴの家でアトピーが治まった?!

少し前にお引渡ししたT様より、嬉しいお便りを頂きました。

下記はその原文です。

T様よりご報告

ところで、家を建ててとても良かったことがあったのでお話したいと思ってメールをしました。
それは、下の子供のアトピーがとてもよくなったことです。

この5月〜6月は毎年とてもひどくなる季節です。
夜中に手足をかきむしって血だらけになり病院で点滴治療を受けるくらいでした。
毎年、夜中にかきむしるのを抑えるため、親は寝不足でまいっていました。

だけど、今年は全くアトピーが悪化しないし、反対にすごく良くなっています。
いろいろ要因はあるかもしれないですけど、この家がいいのかなぁと思います。

主人の実家も昔からの家で化学性の悪いものはないと思いますが、ダニが良く発生していたのでよくなかったし、その前に住んでいた借家はコンクリートの家で結露がすごく、カビがびっしりだったのでよくなかったのだと思います。

いままでいろんな対処法を試してきたけれど今ほどよくはなりませんでした。

最近周囲の人にも、「○○ちゃん肌がきれいになったねぇ。新しい家がいいんじゃない」とよく言われ、自分自身も気がつかなかったのですが、「そういや住んで2ヶ月経ってよくなってきたなぁ」と気がつきました。最近では薬をぬることもなくすごしています。

あのつらい日々がなくなり、ほんとうに楽しく過ごすことができて、良かったなぁと・・・

タマゴグミさんで建ててよかったなぁと改めて実感しました。

ありがとうございます。
今までのご苦労が少しでも解消できたらとしたら本当に嬉しく思います。

いてよりちょっとコメントです。

最近、「家がアトピーに効く」とか「家が薬になる」と無茶苦茶なことを売りにしている業者さんもいます。
T様は大変解っていらっしゃる方で、文書の中に「いろいろ要因はあるかもしれませんが〜」と書いていらっしゃいます。

アトピー性皮膚炎は、アレルゲンが皮膚に触れることにより、起こる症状です。
アレルゲンは、ダニの死骸、フン、犬やネコのフケ、カビ等、化学物質などですが、これらが収まる原因は決して家だけの力では出来ません。
生活の方法、ご家族の工夫、家具、布団、カーペット・・・・様々な要因で変化します。

タマゴグミの家は、自然素材を中心に使っていることにより、化学物質が少ない、そして羊毛断熱材と、杉床によって梅雨時期でも湿度が高くならない。
そして、間取りの工夫で、風通しがよく、窓を閉めてしまう夜も、集中換気を採用していることで、空気がいつもフレッシュのため、カビやダニの発生が押さえられる。
ついでに、廊下等が少ないため、掃除も簡単で毎日掃除しても苦にならない。
ということで、アトピー性皮膚炎を軽減する能力は持っているものと思われます。

けど、タマゴグミとして「アトピーが治る家」とは言い切れません。

私は、小児アレルギーを得意とした先生とお話したとき教えてもらったのですが、アトピー性皮膚炎のお子様を持った親さん、お子様の苦悩を教えられました。
その方々はワラをも掴む思いで、改善方法を探っていらっしゃいます。
そんな方々に効果が絶対でないことは言ってはいけないと思うからです。

ただ、建築屋として住む方の健康に害があるものは造ってはいけないと思いますし、健康を増進するような家を造っていく努力は必要だと思っています。

けど、嬉しいな。タマゴグミの家がお役にたてて。

18zyoucook.jpg

タマゴグミへの資料請求はこちらから

タマゴグミ資料

嬉しいお便りを頂きました。

お引渡しさせていてただいたF様よりうれしいお便りを頂きました。

※井手のコメント付きです。

F様からの感想

家はまだまだ片付きませんが、とても楽しく過ごしています。
子ども達は友達が来るとまず2階の子ども部屋に連れ込んで、造り付けて頂いた机の下にもぐって、そこにふとんを敷いてみたりおもちゃを持ち込んだりして、軽く1時間は遊んでいます。

いての追記

へ〜凄いですね。
まだお引越しして間もないのに、もうお友達が遊びに来ているのですか?
子供は凄い。人見知りの私は見習わなくちゃ

下の娘も階段が嬉しいみたいで、最初は恐る恐るでしたが、最近は上手に一人で自由に上へ下へと楽しんでいます。

いて​の追記

うちのネコたちもそうでした。
引越しして数日は階段も上がれなかったのに、今は2階の梁まで上り走り回っています、、、ってネコと一緒にしては失礼ですね。

もちろん大人も楽しんでいます。
濡れ縁、思っていた以上に大活躍で、ここでおやつ食べたり(大人なのに。しかもフェンスないから丸見えですが・・・)外構屋さんにお茶飲んでもらったり、

いて​の追記

そろそろスイカ。
スイカをここで食べるとああ〜日本人だな、なんて感じるんですよ

こういう空間があるのが嬉しいです。
ただ、濡れ縁と玄関をつばめに激しく狙われていて段ボールで養生したりして格闘中です。縁起が良い鳥とは言え、一応まだ新築だし・・・。

いて​の追記

先日お邪魔したとき、格闘の様子がわかりました。
うちも毎年やられています

先日遊びに来た友人も、木の家っていいね〜、新築特有の臭さがないね、と言ってくれました。本当、日々木の良さに包まれて幸せです。

いて​の追記

うちの娘は、木の香りと荏油の香りを「新築の香りだ!」と言っています。
そうそう、この香りに慣れるとちょっと辛いことがありまして、新建材で造られた家に行くとその匂いがちょっと気になってしまうんです。

Fさま、ありがとうございました。
先日お邪魔したときに、お父様とお母様が一緒にテレビを見ている姿を見て、よい家造りをさせていただいたなとしみじみと感じました。

tumakiyousu.jpg

タマゴグミ1棟目のお客様の感想を伺いました

4月のある夜中、名古屋から岐阜へ向かうJRの車内。

お客様とある会合に出て、その後1次会、2次会と参加。ほろ酔い気分で伺った感想。本音の感想が聞けて嬉しかったです。

Kさん

自分も家の営業をしていたから、家のことはわかっていたんです。
だからこだわりの家がほしいなと。

いて​の追記

なんで、うち(タマゴグミ)で建てたんですか?
全く実績も無かったのに。

Kさん

そうなんですよね。
タマゴグミでお願いします、って言った帰りの車の中で家内と、そういえば実績って聞いたっけ?なんて話していたんですよ。

いて​の追記

あのとき、お願いしますって言われた私がびっくりしたんです。本当に嬉しかったのですが、実績も無いうちで、ええのかいな?って、心配してしまいましたよ。

Kさん

自宅をモデルハウスにしていることが、よっぽど自信があるんだと感じたんですね。
それと、人柄がよさそうだったからですね。
現場では色々ありましたが、いつも正直に対応してくれて安心していましたよね。

いて​の追記

いや〜〜〜自宅をモデルハウスにしていたのは、単にモデルハウスを持てなかったからですよ。あのとき言わなくてよかった!

3年経った家に対する思いは

Kさん

いつも家内と、ああすればよかった、こうすればよかった、という意見をが出ていますよね。けど最後には、けど、タマゴで建ててよかったね。となるのです。

いて​の追記

心の叫び

(最後の言葉は大変嬉しいけど、前半はビミョ~だな。)

Kさん

つぶやくように

家は、普通の建築屋さんならそれなりに造ってくれるから、どこで頼んでも良かったし、造ってからこうすればよかったと思う所はあるんだけど、けど、タマゴで建てて夫婦とも満足しているんだな~だから良かったんだな。

いて​の追記

唐突に

家のいいところはどんなところですか?

Kさん

一見無駄と思う3帖のたたみ部屋。あれよかったですね。
あそこに低い机を持ち込んで座っていると居酒屋のようで。いい空間です。

それと、杉の床はいいですね。
1ヶ月くらいはああ傷が付いちゃったと、濡れ雑巾を当てて直していたのですが、今は全く気にならないどころか、味になっていくんですね。

いて​の追記

そうなんですよ。

タマゴグミの家の仕様を相談させてもらった材木屋さんが、家は出来たときが7割、そこから育てていって100%120%にしていくんだよ。と言っていたんです。
うちも最近それが解ってきたんです。

そういえば、昨日点検に伺ったとき、Kさんの家もいい家になってきたな、と感じていたんです。

Kさん

そうですか。
そうそう、いい家になってきたで思い出したけど、先日の完成見学会でも自画自賛をしていましたね。家内がまたいてさん自画自賛している。いつもそうなんだからと言っていましたよ。

いて​の追記

う~ん、けど、いい家ですよ。
僕は自分が造らせていただいた家は全て良く感じるんですね。
造る段階でお客様に叱られることがあったり、無茶を言って、大工さんや職人さんに苦労をかけたり、無茶苦茶なやんで収まりを考えたり、夜中まで作業をしたり、それらも味になって良い家に感じるんですね。

Kさん

まあ、造り手が良いと思えなくちゃ、お客さんに自信を持って出せないですもんね。

といった会話が、岐阜まで続きました。

私は、建てて頂いたお客様と一緒に食事をして一緒の電車で帰り、こんな会話が出来ることが一番嬉しく、また一番のご褒美だと思っています。

嬉しいコメントをいただきました。

これから着工するお客様から、ブログにこんなに嬉しいコメントをいただきました。
永久保存のため、アップさせていただきました。

え〜〜〜、尚、一部文書を強調いたしましたのは、私事ですが、私どもが今後も夫婦円満でお仕事が出来るようにと願いを込めて強調しました。

素敵な奥様なんていわれたことは多分少ないと思います。
よかったね、さとこさん。
で、私は、熊男・・・ガオ〜〜〜

お客様からのコメント

昨日はお忙しい中、お立会い頂きありがとうございました。
やっとここまできました〜なんだか夢見心地です。
タマゴさんに初めてお会いしたとき、失礼ですが、熊みたいな人だなぁ…が第一印象でした。

あれから数年こちらのワガママをたくさん聞いていただき、時には遠方まで足を運ばせ…本当にご迷惑を御掛けいたしました。にも関わらず嫌な顔一つせず、持ち前の笑顔でいつも対応して下さっていました。
本当に良い方に巡り合えて良かったです。

更にタマゴさんを大黒柱のごとく支えてらっしゃる奥様も素敵な方で、お二人で素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。
今後も貴社の発展を心よりお祈りいたします。

さて昨日は、生憎の曇り空でしたが幸い雨も降らず、良い地鎮祭だったと両親が祝いの言葉をくれました。

神主さんが、神前で何やら唱えて下さっている時に、急に日の光が差していたのを覚えています。
あれは正に!神様からの後光だったに違いありません!これから先、完成までご加護があることを信じて…

タマゴさん初め工事に携わってくださる皆様、宜しくお願い致します。

冬になったら現場に行って、肉まんの差し入れをすることを密かに楽しみにしている施主の“妻”なのであります。^^v 長々と失礼しました。

ぜひこれから始まる現場を楽しんでください。
尚、肉まんの差し入れの際には、私にご連絡を。差し入れのときに私がいなかったとなると、悔しくて後から大工さんにあたる恐れがありますので・・・

本巣市Sさまからのお便り

本巣市S様がブログにふと書いてくださった住まいの感想です。
聞き取りをして作るのが本当ですが、嬉しい言葉でしたのでそのまま転用しました。

Sさまからの感想

確かに『今までどんな生活を送ってきたか・・・』
これ、重要ですね。
私たち2人共、家を建ててから分譲住宅の広告をじっくりと見るようになりました。
広告を見た後に会話になるのは広告図面に対する文句ばかり。

『以前の生活』+『困っていたことの改善』が両立している家は良いですね。
あと、完成された家よりも、後から好きな様に作り込んで行ける家って良いですね。

中央の間は、あまり物を置かないようにしていてシンプルだけど、うたた寝する場所が家族で同じだったり、靴下を履く場所が同じだったり、ちょっとお茶を飲む場所が同じだったり・・・
設計段階で言われたとおり、何の境目もないフロアで自然にエリアが出来ていて不思議です。
タマゴグミさんは、心理学の専門家ですか?

私は心理学の専門家ではありません。
ただ、自分の家(モデルハウス)で家族の行動を観察した内容と、Sさまからお聞きしたことをあわせてご提案しているだけです。

それよりも、私どもに来ていただけるお客様は、自分たちで自分の家を造ろうという意思が強い方々です。今回もS様が私どもと一緒に一生懸命考えて頂けたからです。

よい家を建てさせて頂いてありがとうございました。

岐阜市Yさま(切通の家)

yksan.jpg

とにかく、無垢の床の家に住みたかったというご夫婦。

「やっぱり杉の無垢床は最高ですよ。温かくってさらっとしている。今(7月)は夜寝るとき直接床に寝ているくらいですよ。」とご主人
あ〜Yさんも私と同じ、杉床スリスリ星人になってしまったみたいです。

そんなご夫婦にちょっと質問してみました。

いて

7月も中ですが、暑くないですか?

Yさま

2階で寝ていますけれど暑くないですよ。

井手さんがロフトでも寝れるといっていたけれど、あれ嘘じゃなかったんだと感じています。
今年になってエアコンは1日使っただけ。あとは夜も何も使っていません。

※この家にはエアコンは1台しかつけていません。それにそのエアコンをよ~く見てみたら、コンセントがささっていない・・・使っていないのは本当みたいです。

いて

22坪の家は狭くないですか?

Yさま

私たち夫婦には十分すぎます。

多分3人になっても十分ですよ。(4人になっても十分だよとご主人)
それに、大きな吹抜けや天井の工夫で狭さを感じませんね。

いて

お友達の評判はどうですか?

Yさま

外から見たら案外普通の家なのに、中に入ったら凄いね~って、
ビックリするんですよ。

なんか嬉しいですね。
ある友達なんか「これで、溜まり場が出来た。」って喜んでいるんです。

いて

いつも聞くことなんですが、何でタマゴグミを選んだのですか?

Yさま

「ここなら私たちの希望が予算内にかなうかも」と思って決めました。

無垢の床の家に住みたいと、自然素材系のフランチャイズや色々な工務店、展示場を回ったんです。
けど、価格が全く合わなかったり、なんかこだわり過ぎていて、私たちの希望がかないそうに無かったりと困っていたんです。
そんな時、タマゴグミは偶然ホームページで見かけて、それで私が「一度モデルハウスに行ってみたい」と主人を連れ出したんです。
そしてお話を聞いて、「ここなら私たちの希望が予算内にかなうかも」と思って決めました。

いて

それでは一応満足していただけたと?

Yさま

一応じゃないです。

本当に良かったと思っていますよ。満足しています。

いてより

Yさまの家造りの思いではなんといっても、おじいさんと一緒に畑を作らせて貰った事。
3世代総出で、家の前に畑を作る。
なんかいいな~と思いながらブロックを積ませてもらいました。
そんな家族を温かく包んでくれる家になったと思います。

大垣市Y様

奥様

ysan.jpg

どうしてタマゴグミに決めたかっていうと、やっぱり井手さんの人柄よ。
お願いして間違いなかったわ。ねえ。

ご主人

そうだね、一番は人柄。
大満足ですよ。僕は、木の香りにも気に入っているし、2階のインナーバルコニーにいるときなんて、落ち着いていいね。

奥様

あのとき、私がタマゴグミの広告に気付かなかったらこの家はなかったのよ。
あなた、見学に行こうといっても「いいや、いってきて」といっていたのに。

ご主人

・・・・・

(完成後インタビューより)

いて

住んでみていかがですか

Y様

誰がどこで何をやっているかすぐわかり安心です。

アパートより相当広くなったのに、誰がどこで何をやっているかすぐわかります。
それが安心ですよ。
それでもって、夜中に映画なんか見ていても家族には迷惑を掛けないようになっているので、ありがたいです。

いてより

親様の隣に建てさせて頂きました。
実績がないことで、親様も当初は相当心配されたようです。
途中からご理解いただき、今ではよき人生の先輩としてお付き合いさせて頂いています。
(いつもお漬物ありがとうございます)

当初は、ある工法の家で決めていらっしゃったのですが、タマゴグミが気になったらしくご見学いただき、建てて頂く事となりました。

親さんを含めて、ご家族皆さんが、非常に明るく朗らかなので、これを絶対壊したくない。いや強めたいな。という思いで計画に入りました。

そして、最後に頂いた言葉が「みんなどこで何をやっているか解かって安心です。」
ああ、良かった。と胸をなでおろした瞬間でした。

Y様、いつも明るくお迎えいただきありがとうございます。
庭でのバーベキューせひ誘ってくださいね。

瑞穂市K様

K様

ksan.jpg

以前、建築の仕事に携わっていたことがあり、建築会社選びは人選びだと強く感じていました。
タマゴグミさんにお願いした決め手は、建築士の井手さんの正直さに尽きます。

ひとつの質問に対し、メリットとデメリット、一般論と自分の意見をきちんと伝えてくれたので、どんな場面でも安心して家づくりを進められました。
そして井手さん自身が、私たちと一緒になって家づくりを楽しんでくれたことが、何より心強かったですね。

いて

K様に家に住んで

K様

以前は夜中に目がさめていたんですけれど、
ぐっすり寝れるようになったんです。

井手より

K様は、タマゴグミとしてはじめてのお客様。
井手が長く住宅に携わってきている事を知っていても、不安だったと思います。

「いつタマゴグミでやろうと決めたんですか?」と伺ったら
「最初にお邪魔して面談した帰りです。女房と、「あの人で決めようか。」と車の中で話したんです。」
嬉しかったです。この言葉は一生忘れません。

K様に完成してから「どうですか?」と伺った事があります。
そのときK様はニコッと笑って「家には大満足です。けどまだ理想ではありません。」と仰いました。
どういうことだろうと思っていましたが最近わかりました。
ご夫婦の工夫でドンドン家が模様替えされていっています。

家が、タマゴグミらしさからK様らしさに変っていく、いいな。と思いながらたまにお邪魔しています。

建てた方からの応援

準備中