岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

タマゴの家のこだわり

タマゴの家のこだわり

壁の断熱は羊毛断熱材を使っています。
特徴をさらっと説明します。
是非最後の最後まで読んでください。

羊毛1.jpg

コスモプロジェクト・羊毛の特徴より

空気を沢山含むから暖かい

羊毛は繊維1本1本が縮れているために複雑にからみあい、その中に60%もの空気を含んでいるのです。
乾いた空気は、断熱性のもっとも高い物質です。
ウールの衣服を着ていると、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができるのはそのためです。

抜群な調湿効果

ウールの洋服は、雨は弾(はじ)きますが、気体となった汗は吸い取ります。
これは羊毛が表面に「スケール」と呼ばれる油を持ったうろこ状の表皮に包まれており、その表皮が表面についた水滴ははじき、分子の小さな水蒸気はスケールの間からコルテックス(細胞)内に入り込み、その中にとどまるからです。

また、羊毛は濡れると「吸着熱」を発して自ら乾こうとします。
ちなみに、「サーモウール」は約6℃発熱して自ら乾こうとします。

燃えにくい安全な断熱材

強い火にさらされている間は燃えつづけますが、火源を取り除くと、ごくわずかの間くすぶるだけで自然に消火します。
燃えても煙の発生が少なく、有毒ガスがほとんどでないことも安心。
だから、羊毛は最も安全の求められる航空機の内部や、消防服等に使われています。

もちろん、一般の衣類や寝具、インテリアにも最適の安全繊維なのです。

匂いも有害物質も吸着・浄化する断熱材

羊毛は有害化学物質や汚染物質を吸着し、浄化する機能を持っています。
しかも、一度吸着された汚染物質は放出されることがありません。
特に大きな問題となっているホルムアルデヒド、二酸化窒素の吸着については実証されています。

最近の研究によって、羊毛は、羊の生命を守るための免疫機能が備わっていることがわかってきました。
羊毛の抗菌・消臭機能はそんなところから生まれてきているのです。

羊毛2.jpg

なぜタマゴグミは羊毛を選んだのか?

タマゴグミを立ち上げるとき、よい家を造ろうと思い、全国の工務店さんやメーカーさんを廻りました。そして色々教えていただきました。

私がタマゴグミの家の断熱に求めたもの

  1. 家を長持ちさせるために、壁体内結露を起こさせない。
  2. エアコン2台程度で30坪の家の空調が出来る性能(中部圏で)
  3. 子供が吸い込んでも安全であること。

です。

その3つをもとに、色々検討しました。そして残ったものが羊毛でした。
ただそれだけです。

羊毛断熱材は、通常使われている断熱材より確かに高い価格です。
けど、それ以上の効果があるからタマゴグミは全棟標準として使用しています。

羊毛3.jpg

タマゴグミでは国産杉床にこだわります。

杉床1.jpg

簡単に特徴を説明します
杉はどちらかといえば柔らかい材料です。

そのため

  • 触れたときの暖かさ
  • 踏んだときの柔らかさ
  • 調湿性能

は抜群です。

また、フィトンチッド(杉の香りの正体)という杉から出る揮発性物質が、消臭・殺菌・空気浄化効果をもっています。

杉床2.jpg

なぜタマゴグミ杉床にこだわるのか

私がこの杉床に出会ったのは、4年程前です。広島のある大学教授のお宅を見せてもらったときです。それまでは、合板の床の家しか知りませんでした。

入った瞬間、香りが違うのです。歩いた感じが「サラッ」としていて気持ちいい。こんな床がつかえたらいいなと思っていました。

その後、岐阜の安八にモデルハウス兼用自宅を建てるために、神戸の木童へ相談へいったときです。社長の木原さんのご自宅を見せてもらいました。
時期は丁度梅雨。その日も雨でした。
しかし家の中は「カラッ」としているのです。そして、驚いたのが床が全くべとつかないのです。

そして、岐阜・安八のモデルハウス兼自宅で杉床を使用しました。その杉床の威力をしみじみと感じました。
まず、感じたのが、お風呂から出たときです。
体がべとつかないのです。
そして夏の夜。寝苦しい時は杉の床に直接ベタッと寝転ぶとひんやりサラッとしていて気持ちいい。冬は温かいというところまでは行きませんが、合板の床とは比べ物にならないほど保温性がいい。
こんなに良い床材は無いと、タマゴグミの標準床板にしました。

しかし、良い点ばかりではありません。
杉床の欠点は

  1. 傷がつきやすい
  2. 収縮が激しく目地が広がってしまう
  3. 床なりが起こりやすいなどがあります

そこで、タマゴグミでは、岐阜・安八のモデルハウスの杉床を見ていただいて、ご納得いただくことをお勧めしています。

杉床の保護塗料にもこだわりを

自然の力、杉床の効果を100%発揮させるには、保護塗料にもこだわります。
京都の老舗の油店より、塗油を入手して塗布しています。それによって、自然の杉床の効果を保ちつつ汚れ防止・撥水効果を得ています。

塗布してから3週間ほどべたつくのが難点ですが。

杉床3.jpg

※杉床は15ミリ厚36ミリ厚より選択しています。

yokasita.jpg

タマゴグミでは、建てていただいてから半年・1年・2年・3年・・・・・・10年・・・・20年と毎年点検を行ってまいります。
その点検項目でも、一番重要視するのが「床下点検」
点検口から実際に床下にもぐり、隅から隅まで見て廻ります。

床下点検の内容は

雨漏れを察知する。

最近の家は、ベーパーバリアなど壁が気密化されていて、雨水が漏れても部屋内に出てくるケースが少なくなりました
最終的にはその水は土台まで流れていってしまいます。
そして、その水が木を腐らせる原因になります。
これは壁内結露の水も同じです。

これらを察知するには、床下から土台の様子を見るしかありません。

シロアリを察知する

シロアリは、コンクリートも穴を開ける生物です。

べた基礎だからといって安心は出来ませんし、床下が乾いているからシロアリがこないというのは、迷信です。(シロアリは自分で水を運ぶ力もあります。)

また、防蟻剤(タマゴグミは使っていませんが)でも1年くらいしか効果がないと聞きます。

実際に床下にもぐり、シロアリの発生の有無を確かめるのが一番の防御策です。

配管類の接続状況や、漏れを知る

嘘のような話ですが、汚水管がもれていたのを知らずずっと住んでいたというお宅もあるそうです。

配管の接続は接着剤で行っているだけです。
また、配管は劣化もします。

実際に床下にもぐってジョイントを確かめることが大切です。

ユニットバス下の結露の状況を調べる。

お風呂近くの土台は腐りやすいものです。

理由は水漏れもありますが、実はお風呂の結露の問題もあります。

結露があったら、断熱材の増強やその他対策を練らなければいけません。
床下にもぐって、ユニットバス下やその床を見てぬれていないか確認をします。

木の痩せによる断熱の隙間や隙間風の有無を調べる

年数が経つと、木が痩せてきて、断熱に隙間が開いたり、場合によっては垂れたりします。そうすると、そこが結露を起こしたり、寒さの元になります。

床下から、断熱材の補修を行うことは、快適と長持ちの基本です。

床下は家の健康のバロメーターです。
タマゴグミでは、年一度の無料床下点検を徹底して行ってまいります。