岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

タマゴグミ日記

タマゴグミ日記

岐阜の自然素材注文住宅-日々のタマゴグミの活動日記を公開しています。

家づくり勉強セット無料プレゼント

自然素材住宅にこだわると?

先日、自然素材住宅で超有名な雑誌社からお電話を頂きました。(コロボックルを想像させる名前の雑誌を発行しているところです)

「貴社のホームページを見させていただきました。住宅を岐阜に限定して自然素材にこだわって造っていらっしゃるなんて、うちのコンセプトにぴったりです。ぜひ、うちの雑誌に載せませんか?」
うれしいお誘いです。そこですかさず「タダ?」と伺ったところ、小さな声で「いえいえやっぱりお金は・・・」

雑誌に載せると凄いお金がかかるんですね。全国誌になると大体軽自動車一台分位、地方誌で私が乗っている車(って知らないですよね。中古車で60万円でした)程度です。

けどせっかくお電話を頂いたので、「自然素材住宅にこだわるってどういうこと?」っていうことを考えてみました。

あまり長くならないように、ちゃっちゃとお話しますね。

長い前置きでしたね。
さてと、

24.jpg

写真はアメリカのマウントバーノンというカナダの近くの町で見せていただいた工事中の住宅です。でかい住宅で、60坪以上はあると思われるものでした。

ツーバイフォー住宅です。自然素材にこだわる方、特にタマゴグミのホームページに興味を持っていただいた方は、たぶんこの住宅を選びません。
ちなみに私もこの建て方はしませんし、今後もしないでしょう。

それは、この住宅が悪いから?弱いから?健康に悪いから??

違います。
この周りには、このての住宅が沢山建っています。それも50年以上建っている住宅が山ほどあります。

この住宅は、悪くありません。合板で固めるモノコックタイプので、まったく弱くありません。健康に悪いわけでもありません。

じゃあ、何で私はこの手の家を造らないのでしょう?

minokamononaibu.jpg

こんな感じの家、あなたは好きじゃないですか?
私は好きです。というか、タマゴグミが造った家ですので。


そうです、私は好きな家を造りたいから、先の写真の家は造らないだけです。
悪いから造らないというわけではないのです。

私は、自然素材を多用した家が好きで、その家を長持ちさせたい、お客様にずっと住み続けてもらいたいと思い、仕様を考え、デザインを考え、間取りづくりに頭をひねるのです。

プロといわれる私ですら、家づくりを好き嫌いでやっているのです。
ですから、あなたはもっと単純にもっと思うまま好き嫌いで決めればいいのです。

自然素材にこだわると・・・・・・間違う場合があります。(今回の結論です)
こだわることで、好き嫌いという単純な判断が出来なくなることがあるからです。

「自然素材住宅なら、ここは無垢でやんなくちゃいけないだろう。」
「自然素材住なら、この手洗いは既製品はだめだろう。」

こんな考えで、本当は好きだったもの、本当はやりたかったことを止めてしまったらだめなんですね。

われわれ業者のこだわりに流されないでください。
やりたいことなんでも言ってください。そしたら私はあなたの思いをすべて叶える・・・ことはしません。

ビニルクロスを貼ってほしいと言われても私は貼りません。合板フロアーを貼ってくれといわれても私は使いません。
私は残念ながらこだわりを捨てることは出来ないのです。

このような大きな食い違いが出たとき、あなたはどうすれば良いか?
簡単な方法をお教えしましょう。
「じゃあ、他の会社で建てる。」

それでOKです。
業者探しは、あなたの好きと、私たちのこだわりとのマッチング作業ですので。

家づくり勉強セット無料プレゼント

岐阜で耐震診断研修に参加してきました。耐震について考えてみる

耐震診断の研修に参加してきました。
築30年以上前の家を、耐震診断の先生とともに調査する研修です。

タマゴグミでは、リノベーション工事のご依頼が増えきており、耐震診断をしてご提案しているのですが、よりよい方法を常に仕入れるため、このような研修に定期的に参加しています。

耐震診断1.jpg

上の写真は天井裏を見た状態です。土壁ですね。実はこれも重要な耐震壁です。地震の力をやわらかく受け止めます。

耐震診断2.jpg

床下の状況です。
年に一度床下点検をしている私としては床下は得意・・・じゃないです。下が土ですから、すごい埃と汚れ、そして得体の知れないものが・・・・また、低いので、体格のよい(まあ、別の言葉で表現すれば「デブ」ですか)私にとっては入れないところもありました。
昔の家は、土台が要所要所で止めているだけで、床を受けている材料はこんな感じでした。

さて、検査の方法をあなたにお伝えしても仕方がないので、耐震補強についての注意点だけをお知らせします。

耐震補強は異物を混入させる危険な行為だと認識してください。

ええっ?ですね。それじゃあ、やらないほうがマシだと言うの?と思いますよね。
正直言います。へたな耐震工事をやるぐらいならやめたほうがまだマシです。
簡単に説明しましょう。

今から30年ほど前の家は、今の耐震基準からいうとそれは劣ったものです。ですから、大きな地震が来たら倒壊しやすいのです。だから耐震補強をするのですね。

けど、もうひとつ知っておいてほしい大きなことがあります。
昔の家と今の家はまったく違うものだ。ということです。

昔の家は、変形して地震や風の力を受けていました。
それが証拠に、法律で定められた変形の角度も昔は大きかったのです。私たちの業界では層間変形角といいますが、簡単に説明すると、地震や強風のときに柱がどれだけ傾いてもよいかという数値です。

昔(すみません年代は忘れました)は60分の1までOKでした。ということは昔は3メートルの階高で5センチずれてもいいよ、という基準だったのです。
今は120分の1が許容範囲です。つまり3メートルの階高で2.5センチしかずれちゃいけませんよ。という基準です。

ああ、たいしたことないじゃん、2センチちょっとだから。。。
そうですね。それじゃもうひとつ。

多分、30年前の建物になってくると、基準すらないでしょう。一説によると木造は層間変形角15分の1、つまり3メートルの階高で20センチずれても倒れないそうです。

昔の建物は、継ぎ手がルーズで、また筋交いもしなり易く、土壁のようなエネルギーを吸収する材料でしたので、なんとなくわかりますよね。

さて、昨今増えてきた、壁で持たせる家はどんな変形かというと、なんと層間変形角300分1です。(ダイライト使用の場合)つまり、3メートルの階高で1センチのずれで抑えているのです。

そして、最近の耐震補強の主流は、変形が極めて少ない合板やダイライトなどを補強で入れる方法ですね。

これで何となくわかってもらえますか?やわらかいものに固い異物を入れるのが耐震補強だということを。

地震や強風のとき、ふにゃ~~~っと柔らかく変形している途中に、おりゃ~~と耐える壁がいるんです。壁の元となる面材は18歳くらいの若者ですが、その壁の主となる柱や足元の土台や基礎は・・・・50歳の耐力が衰えかけた運動不足のオッサンなんですよ。
そんな壁が全体に1枚か2枚だったら、そりゃ、その壁は参っちゃいますよね。

運がよくその壁が持ったとしても、周りがフニャっと逃げてしまうので、その壁だけが残って倒れてしまいますよね。

耐震補強の考え方

じゃあどうすればいいか。50歳のオッサンだって20人集まればトラックくらい引っ張れます。(ちょっとこの話題からはずれよっと)

要は、バランスよく、全体で計画するということです。
特に、昔の2階建ては、1階と2階の壁のずれが多く見られます。これが一番危険なのです。

  • 上下の壁を通すこと、(水平に力を伝える方法もありますが、私としてはあまりお勧めしません)
  • 平面の壁のバランスを取ること。
  • 1階だけとか、居間だけという中途半端な耐震補強はしないこと。(シェルター的考えで行う方法は除きます)

これが重要ですよね。

これは危険ですよ。

次にやってほしくないことを書きます。

  • 耐震診断をせずに、まあ、ここに合板を貼って、という耐震補強。
    すごく危険です。家が壊れやすくなる場合が多々あります。
     
  • 耐震補強をせず、新しい瓦を葺き替えること。
    昔の瓦は地震のときに瓦を落として家を軽くする仕組みがあったのです。今の瓦は地震がきても落ちない仕掛けになっています。ということは、頭の上に重いものがずっと乗った状態で、地震力を受けるということになり、危険です。
     
  • パソコンソフトや数値だけで判断すること。
    耐力壁の簡易計算は1階と2階をバラバラに考えてよいことになっています。つまり、上下の壁が通ってなくてもOKという結果が出ます。むちゃくちゃ恐ろしいことです。
    耐震診断を行うプロは、絶対に1階と2階の関係を説明してくれます。必ず1階と2階の関係を考えながら耐震補強を行いましょう。
耐震補強後の家に住む場合の注意

地震の力(強風の力)は、加速力×重さです。加速力とは、地震のときにその力がドーンとかかる力です。
耐震補強をすると、実は地震の力をまともに受けるようになります。ということは、最初に激しく揺れるのです。
つまり、家具の転倒、テレビや物が飛んでくることが増えます。
ですので、部屋、特にお休みになるところには背の高い家具や電化製品を置かないでください。置く場合は、以前にまして転倒防止を行ってください。

築100年とか、いわゆる古民家にお住まいの方は

基礎もなく、石の上に立っているような家にお住まいの方は、耐震診断士でもその道の専門家にご依頼することをお勧めします。

古民家の耐震の考え方はまったく違います。限界耐力計算という方法を使って行います。
正直言います。この計算や調査は、今の私には無理です。

私の知っている限り、三重県のてらもと設計室の寺本武司先生をお勧めします。
この方は、古民家のプロです。私が古民家のリノベーションを依頼されたとしたらこの先生と組むでしょう。

ちなみに連絡先ですが、
tel:059-246-7439
タマゴグミのいての紹介で通じます。(多分・・・)

耐震診断3.jpg

先生の写真です。奥のほうで這いつくばっているのが先生です。
このとき私はというと・・・・屋根裏に頭だけ突っ込んで「せんせ~~い、どう?」と、チャチャを入れていただけです。

タマゴグミでは、耐震診断を積極的には行っていません。すみません。ただ、ご依頼を受けたら調査に参ります。ご心配の方は遠慮なくご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら
tel:058-253-6588
「いて」まで。メールでもOKです。

メールでのお問合せはこちら

また、タマゴグミに興味のある方は、資料請求をください。

タマゴグミの資料

家づくり勉強セット無料プレゼント

住んで四年目の家の見学会の様子  一宮市

一宮市でタマゴグミの見学会を行いました。

お客様のご好意で、日曜日にすんで4年目になるタマゴグミの家の見学会を行いました。

一ノ宮20坪の家見学0.jpg

当日はあいにくの雨。奥様が作った巣箱(いまだに未使用)が悲しくぬれています。
昨年造ったバルコニーに出てもらいゆっくりとくつろいでもらおうと思ったのですが、残念です。

予約制、しかも雨、それにも関わらずたくさんの人に集まっていただきました

一ノ宮20坪の家見学2.jpg

20坪の家に、20名弱の方々がいっぺんに入り、見学いただいています。
この家にこれだけの人数がいっぺんに入るのは今日が初めてです。テーブルには勝手に飲んでといわんばかりにパックのお茶が無造作に・・・対応が井手と島田ではこんなもんです。

階段をよじ登るお子さん

一ノ宮20坪の家見学1.jpg

私はひやひやですが、親さんはニコニコしながら見ています。ちなみに後ろの方は親さんではありません。親さんは上にいてやさしくお子さんの様子を見守っています。

そういえばこの杉の階段。いい色になってきています。私と大工さんで一緒にかけたときは、まだ真っ白だったのに。これが自然素材の力ですね。

小さな家は、階段も重要な居場所です。普段は椅子代わりにも使われています。
けど、小さなお子様がいらっしゃる場合は、手すりをつけることをお勧めしますが。

2階の居間です

一ノ宮20坪の家見学3.jpg

大きな吹き抜けに面した居場所。
小さな家ほど、何気ない居場所を多く作ります。この場所からは、家全体が見渡せます。

机を作りつけたのですが、そこには知らぬ間に手作り本棚が。
オーナーの奥様が「これ、私作ったの。凄いでしょ。」という隣からご主人が「木を並べただけじゃん」とチャチャを入れます。仲のよいご夫婦に住んでもらっています。

一ノ宮20坪の家見学4.jpg

あいだ、井手が話すこの家のコンセプトや、土地の選び方などの話を挟みながら皆さん2時間ほど見学いただきました。

20坪とは思えない広さですね。
なんかまったりと落ち着く空間です。とか
床があったかいです。うちのフロアーとは大違い。
年数がたつと傷がなじんでしまって、いい味ですね。
という感想を頂きました。

また、皆さんから受けたご質問やお悩みで多かったのは土地選び。
どうやって土地を選んでいいのか、誰を頼りにしていいのかが悩みの種です。
近々に、ちょっと私がそのあたりをまとめてみようかと思っています。

私も改めていい家を造らせて頂いたなと思えた1日でした。

と普通はここで報告が終わるのですが・・・

皆さんが帰られてから、オーナーさんと私で島田君の大イジリ大会

一ノ宮20坪の家見学6.jpg

ある疑惑をもとに、みんないじられています。この光景は、打ち上げの居酒屋さんまで続きました。
お客様には十分楽しんでいただけたようで、私もよい社員を持ったと鼻高々です。

一ノ宮20坪の家見学5.jpg

大切な家をお貸しいただいたお客様に感謝です。

見学させていただいた家は、Co-madori Houseです。

お知らせ

タマゴグミでは年に数回このような見学会や完成見学会を行っています。
基本的に、資料請求いただいた方のみにメールやお手紙でお知らせして開催しています。
見学会のチラシ等は出していませんので、タマゴグミの家を一度見てみたいという方は、ぜひ資料請求をしてください。
また、モデルハウス(と言っている井手の自宅)も予約制で公開しています。

家づくり勉強セット無料プレゼント

タマゴグミでは、家を作らせて頂いたかたにオリジナルの机をプレゼントさせていただいています。
プレゼントですので予算がありません。じゃあどうするかというと、、、、はい、私いてが作ります。
まともな道具を買うお金もないので大工さんからもらった丸ノコ、丸ノコ用の定規、インパクトドライバーだけで作っています。だから、直角しか切れないから四角いのものしか出来ない!!

材料は、天板だけは買います。杉板の3層パネル。傷がつきやすいですが、時間がたつといい色になっていきます。1枚15000円程度。あと、脚とかは、倉庫にあるものを使います。まるで、まかないの様な作り方。
そうだ、まかない家具とでも呼びましょうか。

こんな感じのところで作っています

tmizuhoseisaiu.jpg

安八の畑の真ん中にある倉庫が、工房です。
工房は、知らぬ間に猫が入ってきたり、草が生えていたりします。冬は寒く、夏は暑いというすばらしい環境の下作られています。作業台は、大工さんに作ってもらいました。

私の目下の夢は、この工房をもうちょっとまともにして、ホームオーナーさんに自由に使ってもらうことです。なお、今でも使おうと思えば使えますので、ホームオーナーさんは遠慮なくお申しください。
ただ、丸ノコは危ないので、手ノコもしくは、私のいるときに作業をしていただくことになります。

さて、そんなところで作られた最近の机たちを見てもらいましょう。

この机はシンプルなタイプです

tmizuhoanare.jpg

お客様からの要望は高さ。
お気に入りの椅子に合うように、高さが68cmで作られています。天板の下にちょっとしたもの入れをつくってみました。。と書くとカッコいいのですが、正直なところこれがないとグラグラになっちゃうんです。

プロのように、組み込むことが出来ないので苦肉の策です。あと、搬入するときはあせりました。
窓ぎりぎり。。もうちょっとでカットしてこなきゃいけないところでした。

この机は、初めての可動タイプ

tmizuhohira2.jpg

通常は4人用ですが、親さんとかがいらっしゃった時、6人で使えるようにと写真右側の板がパカっと上がります。そして天板下の物置になっている板を引き出して、脚代わりになるようにしました。

われながら、すごい!!と感心したひとつです。。。が。。。。前に書いたように、ある材料で作っているまかない家具ですので、机を大きくしたとき天板の模様があっていない!残念なんです。

これは、大垣で建てさせていただいたお宅に入れた机です

tooogaki1.jpg

奥様が、とある家具屋さんで見てきたテーブルを気に入られ「ながーくて、ひくーい」机を、というご依頼で作りました。

わたしは「そうか、敵は家具屋さんか、、負けられん。」(まかない家具の分際で負けず嫌いです)ということで、オリジナル要素を入れてみました。
写真右の棚風の足は固定されていません。

こんなふうにずれるのです!!!!

toogai2.jpg

けど、で、どうしたの??といわれそうな機能なんですが。
しかし、しかしですよ。じつはもうひとつ機能があって、段差のある畳の部屋にこの箱を横向きに置いて天板を載せると、、、なんとたたみの部屋と板の間で使える机になるんです!!!

けど、、、そのような用途はなく、一度も使っていません。。

いいんです。まかない家具です。チャレンジ精神とと私が満足すればそれでOK!

今後も作り続けていく予定です。

それでは最後に安八モデルハウスの机です

tmodel.jpg

この脚は実は木工屋さんに作ってもらいました。材料は見本でもらった柱です。
天板は杉じゃなく唐松なのですが、6年がたちいい色になっています。そして、いろいろ傷がつきそれまたいい味を出しています。

杉や唐松などの机は傷がつきます。だからいいのです。
ぜひ一度見に来て下さい。

なぜ、いいのかあなたの目で確かめていただくのが一番ですので。

モデルハウス見学はここをクリック

家づくり勉強セット無料プレゼント

1980円で楽しみました

先日、タマゴグミの1棟めのお客様が自宅のバルコニーにハンモックをつるして楽しんでいる姿がfacebookに出ていました。な~んかうらやましくって、けど、うちではハンモックの許可が出ていないし・・・・

で、今日ホームセンターでいすを買ってきました。そして、夕方それとビールを持ってバルコニーに出てみると、

こんな景色が手にはいりました

198sora.JPG

ビール片手にi-phoneで音楽を聴きながら、ボーっと空を眺めていると、優雅な気分に慣れます。

こんな優雅な気分になるための装備は

198isu.jpg

といった道具たちです。

このようなことをするのは、月に1度か2度程度でしょう。そして、春から秋まででしょう。
けど、こんな場所をタマゴグミの家には作っていきたいですね。

別にバルコニーやデッキじゃなくても、家のほんの片隅や、ちょっとした塀に囲まれた場所などを。
自分ちだけの空、結構いいものですよ。

そうそう、この疑似体験の方法があります。
夕方に、A4以上の紙をくるっと丸めて、それで空を覗いてみて下さい。
自分だけの空が見えますよ。

こんな場所があるモデルハウス見学はここをクリック

家づくり勉強セット無料プレゼント

さてさて、今年もキシラデコールの時期になりました。
今年は昨年よりもさらに安くキシラデコールをお譲りします。
昨年、あるホームオーナさんより、「あるホームセンターでタマゴグミより安くキシラデコールが売っていたよ。」という情報をいただきました。
今回は意地で持ち出しをしての販売をします。
尚、販売させていただくのは、タマゴグミで家を建てて頂いた方のみです。

塗る目安と

床や手すりなど水平の部分は2年に一度、ルーバーなどたての部分、あまり雨がかからないところは3年に一度塗りましょう。

注意事項です
  • 脚立作業は十分注意してください。
  • 高いところは絶対に無理をせずタマゴグミに依頼をしてください。夏までには伺って塗ります。謝礼は飴玉3個程度で十分です。(全面を塗装したい場合はご相談ください。塗装屋さんを安く手配します)
  • 養生方法が解らない場合はご連絡ください。お電話にてお伝えします。また、キシラデコールをお届けする際に、道具を買って持って行きます。

繰り返しますが、絶対に無理な作業はおやめください。タマゴグミからのお願いです。

色と販売価格です。(タマゴグミホームオーナー様のみ価格)
やすらぎ  4L7,000円(税込み)
バリサンダ・ウォルナット・オリーブ  4L6,500円(税込み)

価格保証、これよりも安いところがあったらお伝えください。それ以下にします。
けど「同じ値段で売っていたところがあるよ。タマゴグミだけど。」というのはやめて下さい。値下げスパイラルに陥り、最後にゼロ円になってしまいます。

ご注文いただいてから、1週間程度で玄関までこっそりとお届けします。お支払いは、まあ1年以内くらいで結構です。

※これだけキシラデコールを宣伝しているのに・・・・キシラデコールやさんから見返りがない・・・・・・・残念。

追伸
5月末、もしくは6月初旬に、ホームオーナーの会を安八モデルハウスにて行おうと計画中です。詳細は決まり次第ご連絡します。

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:山田太郎

例:090-1234-5678
半角でお願いします。

タマゴグミは貴方の笑顔が支えなのです。

何かありましたらどうぞ

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

家づくり勉強セット無料プレゼント

6月23日(水)午後6時よりホームオーナー様勉強会を開催します

6月23日水曜日、午後6時より
安八モデルハウスにてホームオーナー様ご契約者様の勉強会を行います

sea1.jpg

Tさんの住んでいる
シアトル郊外の街です。

ホームオーナー様向け勉強会は、営業色を一切持ち込まず、純粋に勉強いただくために、ホームオーナー様、ご契約者様、そしてそのご友人に限らせていただいています。

今回は、シアトルからお客様を迎えて、アメリカの子育ての考え方、アメリカの住宅について語ってもらいます。

私はアメリカの子育ては子供を個室に閉じ込めて行うものだと思っていました。そして不思議に思っていたのが、「なぜ、個室に閉じ込めて良い子育てが出来るんだろう?」でした。
そして、その疑問を解決するために、アメリカでヒアリングをしました。すると・・・・
全く違っていました。
その驚きの話をあなたも直接聞いてみませんか?

尚、日本各地の営業の合間に寄ってもらいますので、平日しか予定が取れませんでした。すみません。皆さんにこのお話を届けるように、なにかいい方法が無いかと考えているところです。(何かいい方法ありませんか?)

日時6月23日 水曜日
午後6時より午後8時頃まで
(パンやお菓子を用意します)
場所安八モデルハウス
参加可能人数15名様程度まで

ご希望の方はお電話058-253-6588へお電話いただくか
下記フォームよりお申し込みください。

例:山田太郎

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:03-1234-5678
半角でお願いします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

家づくり勉強セット無料プレゼント

ホームオーナー様へキシラデコールの会その前に。

今年も5月が近づいてまいりました。キシラデコールの会を開催します。
通常よりもちょっとだけ安くキシラデコールをお分けします。

ご希望の方は、
tel:058-253-6588 までご連絡ください。

メールでのお問合せはこちら

と、毎年やっているのですが、ある方から
「養生ってどうやるの?塗るときってどんな注意が必要なの?」と質問が。

「そ、そうか!!ああ~~俺って不親切、バカバカバカ・・・・」
と反省いたしました。

そこで、4月29日午後1時30分より、日置江のお宅を借りて養生の仕方、塗り方実践を行います。
なぜ、日置江のお宅なのか、それは写真を見ていただければ解ります。

kisiradekorunokai2.jpg

そうです!塗る範囲が少ないからです!!
なんちゅう手抜き!!
ということで、タマゴグミのホームオーナーの方はぜひご参加ください。

お待ちしております。

kisiradekorunokai1.jpg

参加ご希望の方はinfo@tamagogumi.com

もしくはTEL:058-253-6588まで。

会場地図は、メールかファックスでお知らせします。

家づくり勉強セット無料プレゼント

ホームオーナー様勉強会  第2回目のお知らせ

4月10日ホームオーナー様向け勉強会を行います。(終了しました)

運営がまだまだ手探りで、皆様にはご迷惑をおかけしますが、続けていこうと思っています。ぜひ宜しくお願いします。

さて、今回も2部制で行います
1部13:30~15:00

パソコンの使用方法、初期、文書ソフト・表ソフトに何が出来るの?
実は私、パソコンの使い方はまともに習ったことはありません。けど何とか使えています。使えるようになるまでに、何度もつまづきました。

 

どんなことでつまづき、どんなことで嫌になっちゃったのか。それをお伝えしようと思います。

そうすることで、もしあなたがつまづいたとき、「ああ、こういうことか」と解って頂けるはずです。

また、今回の内容に関わらず、疑問点があったら知っている限りお答えいたします。ぜひおいでください。

2部15:30~17:30

ご商売や会社で営業を行っている方の勉強会です。

 

私も一人の小さな会社の経営者です。一緒に色々と日ごろ悩んでいることとかお話しませんか?

お申し込みはこちら
tel:058-253-6588
もしくは下記フォームよりお申し込みください。

例:山田太郎

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:03-1234-5678
半角でお願いします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

家づくり勉強セット無料プレゼント

「いえぐすり」の感想をいただきました

タマゴグミでは、家を建てる方にお役に立つようにと、「いえぐすり」という本と、「長持ちする家のつくり方」という本を配布しています。

先日、本をお送りした方から嬉しい感想をいただきましたので、載せさせていただきました。
まあ、単なる自慢です・・・

届いた資料を読ませていただきました!

seminaneko.jpg

トラちゃんが、実例集を見ているところ
「トラちゃん、トラちゃんサカサマだって!」

私自身「まずは1Fに何畳のリビングで~」とそこから入っていたし、
快適な家造りって断熱とか何工法が一番?なんて調べていて、どれもこれも頭が混乱するばかりでした。

考えても仕方が無い事だったんですね…。

ローンについての資料も読ませていただき、簡単に考えていたことが怖くなりました。いろいろあるんですね…。毎日少しづつ読もうと思っていたのに一気に読んでしまいました。

またゆっくりもう一度読み直してみます。

そしてそして、タマゴグミの手掛けたお家のお写真…「なんて暖かそうで素敵なんだろう」とため息もので見させていただきました。

木って素敵ですね、本当に…どう言葉で表したら良いのか。
実家の床が杉なんですが、夏は階段に腰掛け、そこで勉強したり(笑)
杉の床だと大人になってから知ったので、子供の頃は無意識でした。
だからHPをたまたま見かけて夢中になったのかもしれません。

本当にありがとうございました。モデルハウスを見に行かせていただきます。

Tさま、ありがとうございました。お断りしたとおり載せさせて頂きました。また、これもお断りしたおとり、一部表現を変えさせていただきました。

建築屋さんの資料はたくさんあります

本当に素晴らしい資料もあります。
工法のことや、地震に強い家や、快適な家、健康を配慮した家のつくり方
これらは、実証データや裏づけが必要です。そのためには莫大な費用と労力が必要です。
宣伝広告費にお金を使えない小さな会社で、尚且つ普通の家を作り続けている当社には造れない資料です。

となると、タマゴグミとして家を造る方々にお役に立てる資料はなんだろうか?と考えたとき、出てきた答えが、「設計に携わるものとして、正直に思いを書く」ことでした。
いままでたくさんのお客様と一緒に家造りを考えてきました。そのときに、家造りの前にこんな知恵を持っていたら、こんな考え方で取り組まれたら、きっと楽しく出来るんだろうなということをまとめようと思いました。

うちの家のことは殆ど書いていません。書いてあるのは、あなたが家造りをするときに正しい判断が出来るための道しるべです。

そうそう、当社で建てて頂いた方に、こんな感想もいただきました。
「資料を請求したら、手作りでなんか怪しそうな本が入っていたの・・・」
はい、見た目は、むちゃんこ怪しい資料です。
けど、造らせて頂いた家は怪しくなかったでしょ。。

そんな資料にご興味のある方はこちらをクリック→タマゴグミの資料

家づくり勉強セット無料プレゼント

ホームオーナー様勉強会のお知らせ

こんにちは、タマゴグミいてです。

さて、先日送らせて頂いた、今年やることに書きましたとおり、ホームオーナーさま向け勉強会を行います。
この勉強会は、家のことには全く関係ありません。生活に役立つ知恵を少しでもつけていただきたいと思い開催いたします。

尚、タマゴグミは、まだまだ裕福な会社ではありませんので、外部の講師を雇うことはしばらく出来ません。よって、私自身が講師を行います。(たいしたこと無いかも・・・)

日時2月13日 土曜日
時間
  • 第1部13:30~15:00
  • 第2部15:30~17:30
参加費無料
対象者
  • タマゴグミで家を建てて頂いた方
  • ご契約中の方
  • タマゴグミ協力業者さん

※第1部だけ、第2部だけ、両方とも参加、どんな参加方法でも結構です。
お一人でも参加者があれば、開催いたします。

終了しました。次回は4月10日に行います。

内容

第1部 パソコンって何に使えるの?

対象者

  • パソコン初心者の方
  • パソコンをいろいろ使ってみたいという方

文書ソフト・表計算ソフト・データベースソフトなどの実際を見てもらいながら、どんな可能性があるのかを優しく優しくお伝えいたします。操作方法ではなく、役立つことを理解していただく時間です。
全くパソコンを触ったこと無い方大歓迎です。

第2部 ホームページのつくり方 その1

対象者

  • ご商売をやっている方
  • もっとパソコンを有効に使いたい方
  • 興味のある方

ホームページソフトの扱い方でなく、根本的なことをお伝えいたします。

ご希望の方は下記フォームからお申し込みいただくか、
tel:058-253-6588 までご連絡ください。
また、フォームでのお申し込みの方は、1部、2部、両方参加の旨を書いてください。

お待ちしていますから、来てくださいね。
お菓子とジュースも用意しておきますから。
誰もこないとなると、寂しくて・・・・・

例:山田太郎

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:03-1234-5678
半角でお願いします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

家づくり勉強セット無料プレゼント

タマゴグミのWebCMです。

遊びで作ってみました。いかがでしょうか?
 

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。

住所変更等おすみですか?

タマゴのホームオーナー様へ

昨日、免許の更新に行ってきました。この時期に行くのは初めてです。
最近しっかりと免許書を見る機会があり、見てみたのです。
すると「平成21年6月17日まで有効」と書いてあるじゃないですか?
私は目を疑いました。というか、「そうか、今年は平成20年なんだ。」と自分に言い聞かせました。
そして、家内に電話。「今年って何年?」「平成21年だよ。」

おかしい、だって更新はがきが来ていなかったし。も、もしかして、私は無免許??

実は数ヶ月前から失効になっていたのに気づかず、あと数日で、もう一度取りなおしということになりかけていました。

参考
失効6ヶ月以内なら適性検査と講習を受ける通常手続きのみで更新できます。ただし、免許の番号が変わり有効期限が3年となります。
それ以上1年以内なら、申請で仮免許がもらえます。ただし、実施試験を受けなくてはいけません。
1年以上ならすべて最初からやり直しとなります。大型や自動二輪等持っていたとしてもすべて白紙です。

ついつい忘れがちな住所変更に、

  • 運転免許
  • 自動車等の登録住所(税金にかかわります)
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • 保険

等があります。

お引越ししたら、忘れないように、住所変更をしておきましょう。

特にお役所関係のものは、案内通知が届かなくても調べて転送してくれることはありません。(相当数あるそうです)すべて自己責任となります。

追伸
このお話を、あるホームオーナーの奥様にしました。そしたら、「いてさん、それって常識ですよ。」と笑われてしまいました。

いえいえ、私の場合は身を持って体験し、その体験を皆さんにお伝えしようと・・・
というのは言訳ですね。

危なかった~

ホームオーナさま向け勉強会のお知らせ

ホームオーナー様の勉強会を行います。

日時10月3日 土曜日 午後3時から5時頃まで
場所

岐阜事務所

定員10名まで(すみません。お子様の参加は出来ません)
参加資格
  • タマゴグミオーナー様
  • ご契約いただいたお客様
  • タマゴグミ協力業者様
勉強内容ホームページのつくり方 初歩編

今回は、ホームページの造り方の初歩を行います。けど、ソフトの扱い方などではありません。インターネットってどんなものかという話から、どんなことを書いたらいいのかという内容です。
インターネットなんて何にもわからない。という方でも安心して参加ください。

趣旨

5年後も10年後も30年後も「タマゴグミで家を建ててよかった」と思って頂くために、私たちに出来ることは何かを考え、そして一つ一つやっていこうと決めました。

第一弾の「ホームオーナ様の勉強会」は、社会ですこしでも役立つ知恵をお伝えしたいという趣旨と、ホームオーナー様同士のつながりを強めたいと思い企画しました。

参加資格は、ホームオーナー様及びご契約いただいた方。それ以外は何もいりません。
ぜひお気軽に参加ください。

ご質問はinfo@tamagogumi.comもしくは058-253-6588まで

参加ご希望の方は、下記フォームもしくは
tel:058-253-6588 までTEL下さい。

※一般参加は募っておりません。あくまでもホームオーナー様及びご契約者様、協力業者様のみです。この勉強会は宣伝という位置づけにはしたくないからです。ご理解いただきたくお願いいたします。

例:山田太郎

例:xxxxx@xyz.jp
半角でお願いします。

例:03-1234-5678
半角でお願いします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

家づくり勉強セット無料プレゼント

Photo013.jpg

※写真はモデルハウス(自宅)の脱衣所です。
この脱衣所は実験のため荏油等一切塗らず、無垢の木のままです。何も処理をしない木がどの程度汚れるのかご興味のある方は、おいで下さい。
ちなみにこの木は能登のヒバです。

先日、ホームオーナーさんより足ふきマットの下に黒いものが発生しましたと連絡を受けました。

黒いものは黒かびです。つゆ時期から夏場にかけて、足ふきマットをひきっぱなしにすると、黒かびが発生することがあります。

無垢の杉床は、水分の調整をするのですがやはり限界があります。

ホームオーナさんにお願い

夏場のお風呂の足ふきマット、ペットのマット、赤ちゃんがお粗相をしたあとのマットや布団は使用時以外ははずす様にして下さい。
尚、床には荏油が塗ってありますので、少々水をこぼしてもしみになったりしません。ご安心下さい。

黒かびが発生した場合
通常は、硬く絞った雑巾でふき取ってください。その後しっかりと乾かしてください。
カビが少々残っていても乾かしているとなくなって来ます。

もし、1週間たっても、消えてこない場合は、タマゴグミまでご連絡下さい。私がカビバスターに参上します。

ホームオーナーの皆さんへ梅雨対策

Photo070.jpg

タマゴグミホームオーナー様へ

今年もじめじめ梅雨の時期になりました。
タマゴグミの家は、羊毛断熱材や無垢の木のおかげで室内は比較的過ごしやすい湿度になっていると思います。
しかし、熱気がこもったり、湿気がこもりやすいこの時期。より快適に過ごしていただくために、換気レベルのアップをお勧めします。

タマゴグミの家は、標準で集中換気システムを導入しています。その換気レベルを少し上げていただくと熱やこもった湿気の排出が促進され、より快適にすごすことが出来ます。

我が家もセーブレベルから標準レベルへと上げました。
ちなみに皆様のところは10段階のレベル表示となっているはずです。2~3レベル上げてみてください。

追伸
換気システムはシックハウス対策が主の目的ではありません。二酸化炭素の排出、湿気、熱気の排出等、大切な役割を持っています。

冷や汗タラタラの時期です

何が冷や汗タラタラかというと・・・・

今年も営業の時期に入りました。
タマゴグミでは施工の業務が立て込んでいるときは営業はしていません。するとしても、ホームページをチョロチョロッと更新する程度。よって、ご依頼は余りありません。
ひと段落すると、「さて、営業活動をしよう。」と思い、動き出します。

一番最初にすることは

そうです、他社さんのホームページを見まくるのです。

で、毎年決まってドヨ~~~~~~ンと落ち込むのです。

何で落ち込むかというと、イベントの差です。

  • え~潮干狩りいっとるがや~
    うちでは、、、、デケヘン、デケヘン
     
  • 山を見に行ってござるよ~
    うちでは、、、、、出来ませんがな
     
  • 工作教室!!
    うちでは、、、、、、ブッブ~~
     
  • お料理教室
    うちでは、、、、、インスタントなら出来るか??


だんだん暗く暗く落ち込んでいきます。

それに気づいたさとこさんが一言。
「うちと他社さんは規模が違うじゃないの。たくさんの社員さん、たくさんの経費があれば出来るけど、うちでは無理でしょ。それとも、家の価格をぐっと上げて、社員さんをたくさん雇う?」

その言葉に私が
「はい。そうですね。そうなんですけれども・・・何というかですね・・・やっぱり・・・・」
といっていると、また一言。

「造る家に自信持っているんでしょ!それでいいじゃん。認めてくださったお客様たちがいるんだし。建てて貰った方々に失礼ですよ。」

で、ここで、冷や汗タラタラなんです。
実は、毎年毎年、同じやり取りをしているんです。そして気づくのです。

出来ることをきちっとやっていこう。出来ないことは認めよう。そんなタマゴグミを見てもらってお客様に判断してもらおう。

今年も無理しない程度にいろいろやっていきます。よろしければどうぞ。

けど、今年はなんかホームオーナー会で面白いこと、1つだけでもいいからやりたいな。
よし!やろう。

ということで、近々のタマゴグミの営業活動です。

一宮20坪の家見学会←ここをクリック

普段見れない夜の様子

komoadoriyoru.jpg

カッコいいですよ。一般開放しませんので、タマゴグミに資料請求等していないい方は、申し込みフォームから申し込んでくださいね。

ここをクリック

写真をいただきました

写真を募集したところ、早速いただきました。
現在、タマゴグミで家を計画中のSさまからです。

tyou.jpg

sagagi.jpg

Sさまからのお便り

普段、こんな姿はなかなかお目にかかれません。
よかったら使って下さい。アオスジアゲハのさなぎです。ふ化直前の様子です。ふ化後のアオスジアゲハもどうぞ。
小さな命ですが懸命に生きています。

ありがとうございました。
前回の打ち合わせのときは下のお嬢さんがバッタを持ってきてくれました。
「家の中が虫かごだらけで、今度の家も虫かごだらけになったらどうしましょう。」と奥様が言ってらっしゃいましたが、それはそれで良いじゃないですか。小さな命は、こんな写真のようなことも教えてくれます。

うちも子供が小さなころは、ザリガニとか、蛙とか、わけのわからない昆虫とかいました。けど、中学になるとさすがに無くなりましたし、一緒にザリガニ取りも行かなくなりました。

今のうちだけです。昆虫を飼ってくれるのは。大きくなったら頼んでも飼ってくれません。

「ほら、バッタ」と見せてくれたとき、羨ましかったです。
(まあ、うちの長女(高1)が「ほら、バッタ」と持ってきたら、嬉しいよりも「大丈夫かこの子??」と感じますが・・・)

不定期シリーズ「日ごろのモデルハウス」

皆さんに見学いただくときのモデルハウス(自宅)は、日ごろの生活を・・・といいながらやっぱりちょっとは片付けています。

ある夕方の机の上の様子です。ひえ~~散らかっている!!

tukuenoue.jpg

注意:この写真は、さとこさんにアップしていることがバレたら、即消されてしまいます。これからモデルハウスにいらっしゃる方は「机の上が散らかっている写真見たわよ!」なんて絶対に言わないように!

タマゴグミの家のオーナー様及びオーナー予定者様へ

下記のような写真があったら送ってください。紹介させていただきます。

  • 変化自慢:こんなに変わってしまいましたよ。
  • 工作自慢:この棚凄いでしょ。けど物が載せられないの・・・なんていうのもOK!
  • 散らかし自慢:私が散らかしたんじゃないの。子供だから・・・・解っていますから。
  • 味自慢:この汚れが味なのね。
  • 住人自慢:人じゃなくてもOK!うちのミーちゃんに真っ向勝負を!Sさん、先日持ってきてもらったバッタでもいいですよ。
  • その他ノンジャンル:何となく撮った海の写真など(って、紹介してどうするんだろ)

気長に待ってます。

連休に一周してきました

画-0114.jpg

連休に、今まで建てて頂いたお客様のところを一周して来ました。

庭にお花が一杯な家、家庭菜園を始めた家、なんか家らしくなった家(使いこなしているなと言う感じです)様々です。皆さん満足して住んでいただいていて何よりです。

中でもやっぱりここが一番変化していました。
あれ~こんなところに垣根作ったっけ?というところに垣根が出来ていたり、山ほどの材料が積んであったり。プロみたいに枠が組んであったり。

こんな様子を見ると、なんか嬉しくなりますね。住むのを楽しんでもらっているようで。

次回お伺いするときにはどうなっているのか?楽しみです。

4月はこんな月でした

通常の日記は、ブログでアップしているので、ここには1ヶ月ことのまとめをしていきます。
最近、数ある設計事務所や工務店の中からタマゴグミを見つけていただき、ご訪問いただけることが多くなりました。本当に嬉しい限りです。

まず実務の報告です。
鵜沼の家ももう直ぐ完成というところまで来ました。お客様と現場で打ち合わせすることが多くなり、現場への愛着がドンドンわいていきます。(いつもの自画自賛です)

私がやりたかった店舗兼住宅ももう直ぐスタートです。ここは、ご商売のお手伝いもさせてもらう予定です。多分6月くらいからこのホームページでも宣伝していきます。

500棟くらいの住宅地での家も造らせていただくことになりました。メーカーさんや地元の工務店さんが頑張って建てている地ですので、タマゴグミとして、負けない家を立てなくてはと思っています。

こんなこともありました。
土地を待っていらっしゃるお客様から、「うちは、タマゴグミしか考えていないから」と言っていただけました。本当に嬉しかったです。
土地のことや、ローンのこと、税務など、いろいろ相談を受ける様になりました。頼りにされていると言うことは、なんか嬉しいですね。

こんなことを勉強しました
200年住宅について勉強しました。130億円の予算がつき、4月から本格的に動き出しています。タマゴグミとしても8月に応募をすべく狙っています。(内容を知っている方がこれを見たら「大胆な奴」と思われるでしょう)
政府はメーカーだけじゃなく地方の小さな工務店にも使えるようにと作った制度ですが、内容を見ると結局はメーカーやフランチャイズ系の工務店が有利に動きます。けど、これは陰謀ではありません。
実は、地方工務店と小さな設計事務所は今まで勉強をしてこなかった、だから急に対応しろと言われても出来ない。情けない話ですが、これが事実です。

家の大敵はやっぱり水だと学びました。ある研究者が神奈川に30年前に建てた2×4構造の分譲住宅を徹底検査をしました。今と違って、鉄筋が無いコンクリート、布基礎、材料は輸入された細い2×4材。調査の末、全く問題ないという結果が出ました。その理由は、雨漏れ結露が無く、木が乾燥していたから。
やはり庇をキチット出した家、壁内結露の無い家が基本だと改めて認識しました。

タマゴグミも本格活動からあと2ヶ月で3年目を迎えます。

(なんかまとまりのない文書です・・・)

資金計画セミナーを受けてきました

名古屋で資金計画セミナーを受けてきました。
講師は、元銀行マンで、住宅融資のプロ、現在は生命保険を扱っており、all aboutで、資金計画の相談もやっている山本先生。

私は住宅ローンや資金計画には結構詳しいと自負していましたが、プロ中のプロは違います。更に上をいく知識を持っていらっしゃり、大変参考になりました。
色々な家庭のケースで、将来や税金、相続を見込んだ資金計画などは見事の一言です。

さて、中でも興味があった話は、住宅をお金的にどう捕らえるかです。
65歳で定年を迎え、その後の人生20年あまりの間に、生活費は6000万円以上といわれています。これは家賃も入っていますので、家賃を月8万円とすると20年間で1920万円。土地・建物を担保にお金を1000万円借りるとすると、合計で約3000万円。住宅を持っていれば老後の生活費の約半分が捻出できるという計算です。
後半分は、年金や貯蓄で賄えばいいという理屈です。

だけど、ここで皆さんは気付いているはずです。
家のメンテナンスは?家は持っているの?

上記でいくと、35年ローンが終わってから20年、つまり55年は住める家。そして、メンテナンスは限りなくゼロに近い家が必要です。
残念ながら、メンテナンス0の家は難しいでしょう。しかし、致命的な欠陥が出ずに、更に60年は持つ家は可能だと思っています。

今日の講義を受けて確信しました。タマゴグミ今の考えは崩さないでおこう。

家で、一番大切なのは、長持ち、永く使える家。格好が良くても、長持ちしない家は住宅じゃない。自然素材も性能も全ては長持ち永く使える家のため。

そんなことを思った1日でした。

住宅業がやっとまともになってくるのかな

新聞義務化.jpg

30年以上の維持保全が計画認定の条件に

やっと200年住宅が具体的に動き出します。

長期優良住宅の普及促進に関する法律案が2月26日に閣議決定されました。

長期優良住宅とは、解りやすく書くと

  1. 雨・水の浸入を防止する部分をちゃんとやりなさい
  2. 地震に強い家を造りなさい。(構造計算)
  3. 模様替えや、設備を簡単に取り替えられるようにしなさい
  4. 検査やメンテナンスをしやすいように作りなさい
  5. バリアフリーにも対応できるようにしなさい
  6. 省エネに貢献しなさい

これらが一定以上のものが長期優良住宅となります。
ただ、数値等細かい内容は残念ながらまだぜんぜん決まっていません。タマゴグミとしては、現段階で殆どクリアしていると思っていますが・・

(だって、防水は2重検査でばっちりだし、屋根はキチット作っているし、構造計算は全部しているし、床下はもぐれるし、配管は埋め込んでいないし、構造は出来る限り外壁でとっているし、狭い廊下はないし、断熱はちゃんとしたもの使っているし、気密もとっているし、壁の空気はキチット止めているし・・・・・えっ、くどいっ・宣伝っぽいって?ばれましたか??すみません。)

尚、長期優良住宅とは家単体の基準。ここからが良いところで

長期優良住宅建築等計画の認定制度ができます

今までの建築の基準は計画基準が無かったのでだめだったのですね。
計画認定の基準を解りやすく書くと

  1. 住宅が長期優良住宅であること
  2. 住宅の大きさが一定以上であること(この一定はまだ決まっていません)
  3. 造った住宅の維持保全を30年以上行いなさい。
    (30年の無償保証を出すわけではありません。)
  4. 住宅の30年以上の維持保全方法を決めて計画し、実行しなさい。
  5. 適切な資金計画で家を建てるようにしてください。

です。
なんか4番・5番なんかいいと思いませんか?嬉しくなっちゃいますね。
もう、売ったら売りっぱなし、造ったら造りっぱなしはやめなさいよ。と政府が言い出しています。

私はタマゴグミを立ち上げ、1棟目が決まった段階で、この仕事を一生の仕事にしようと思いました。造った家を私は生きている限り見ていたいと思いますから。その次に思ったのが、次の世代に受け継がなくてはいけないと言うこと。

私はヨーダのように、200年も300年も生きられませんので。ただし、次の世代といっても、息子へなんてぜんぜん思っていません。なんせ、うちの息子は「僕、パン屋になる。」と宣言していますので。

だから、早く会社を安定させて、若い人間を入れなければと思っていますし、設計事務所のスタイルを通しているのも、良い地方工務店さんとのコラボレーションを目指し、数社でお客様を守っていける体制が取れたらと考えたからです。

今後、望んでいるものは、家の健康保健が出来ないかと期待しています。また、そんな動きがあったらぜひ協力したいですね。JIOの登録企業になったのも、その動きが近々出てくると思っているからです。

最近、嘘偽りの性能じゃなくて、家を長持ちさせよう、環境を守っていこうと言う本当の動きが起こりだしつつあります。ただ、これについていける地元密着の工務店さんは、少ないのが現実です。
住宅着工が減っていく中、隣の工務店さんといがみ合い、競い合って仕事を取るんじゃなくて、一つになって工事を進める方法を考えなくてはいけないと考えているのは私だけでしょうか?

さあ、言った限りは実行しなくちゃね。

東京タワー.jpg

こんにちは、東京タワーです。僕今年で開業50年になりました。

しっていました?ず~っと前からあった東京タワー、ゴジラに何度も壊された東京タワー。まだ50年なんです。住宅を100年持たせる事がいかに大変かが解かりますよね。だから、住宅の外観は絶対に無理をしない。ドリームハウスに出て来るような家は建てない。これ基本です。

さて、住宅勉強会の新春セミナーに参加してきました。
今日の講師の中で、住育に取り組みながら全国で活躍する女性社長の話がありました。主婦の視点から造られた家。主婦が元気であれば、子供も主人も元気になると言う考え、いい考えだなと、心打たれました。

その中で、間取りの話しになったのですが、特徴は

廊下は一切作らない。

ただいま、お帰りが聞こえる家。

家族の気配がわかる家

です。
これ、うちも同じなんです。
今まで、造った家で事務所以外は廊下は作っていません。2階にいても1階の様子がわかります。

研修風景.jpg

写真は、ちゃんと真面目に
研修を受けているという証拠です。

最初、モデルハウスとして自宅を計画したとき、色々な建築家に見せました。そして言われるのが、
「プラバシーが無いじゃないか。子供が大きくなったら帰ってこなくなるぞ。」なんていう言葉。
正直、悩みました。しかし女房の理解、家族の協力があって、計画を変えることなく造りました。

住んで3年目。私は間違っていないと確信しています。
大きくなったら子供が帰ってこなくならないとは保証出来ません。まだ未経験ですので。
ただ、今現在、妻や中学生の子供たちと毎日会話があります。ただいまと言えば2階からお帰りと帰ってきます。帰ってきたら息子とプロレスの真似をします。(さすがに中学3年の娘は触ると怒ります・・)

アパートのとき、6畳一間でみんな寝ていたあの絆が、30坪の一軒家になってもいまだに同じです。

今、悲しい犯罪が増えています。それも家庭内で犯罪が起きています。この原因は家の造り方が大きく影響していると思います。家族の絆が問われる今、タマゴグミは今の考えを変えず、家族の気配がわかる家づくりを続けようと思った今日でした。

オーナ様より嬉しいお便り

タマゴの家のオーナ様よりありがたいメールを頂きました。

Yさまからのお便り

こんばんは

どんどんタマゴグミの家が増えて私たちもうれしいです
半年たってもどんどんこの家が好きになっている状態です
豪華な家をみてもこの家が一番
大満足で~す

嬉しいお言葉です。
特に豪華な家を見てもこの家が一番なんていい言葉です。
けど、頂いた方の家も34坪くらいあり、十分豪華なんですが・・・

さて、これに対して私の返事は
[--------------------------------------
タマゴの家は、遅いペースながらチョッとづつ増えています。
もう少し頑張らなくちゃと思ってはいます。
(どなたか家に興味のある方がいたらお教えください)←ポイント

家にご満足頂きありがとうございます。
そういっていただけることが一番の喜びです。
-----------------------------------------

ドンドン、増えていないんです。まあ、そのお陰で、一棟一棟心をこめてマッタリ(ここでこの言葉??)と造らせて頂いています。

Y様
10月21日にタマゴの家オーナー会でお会いしましょう。

JIOの登録業者になりました

はっきり言います。
私は第三者検査機関というものが嫌いです。
お客様の大切な家をキチット造るには、施工中に第三者の目が必要なのです、じゃないと手抜きをされます。なんて脅しに近いような、誘い文句で検査を請負い、お金を取る。
そして、ただ言いっぱなしの検査をして、何ら責任もとらない。

やっぱり嫌いです。

本当にお客様のためを思うのであれば、よい業者選びの方法を教えるべきなのです。

といいつつ、唯一私が第三者検査機関で認め、お世話になりたい会社があります。それがJIOです。

理由は簡単です。JIOは第三者として検査をし、その検査した物件に対して10年保証をするのです。(オプションで更に長く保証をします)
ですから彼らの検査は真剣です。また、マニュアルも全国統一でしっかりしています。

タマゴグミは3日に1回以上の現場巡回により、未然にミスを防いでいますが、更に完璧を期すために、JIOの力を借りています。

写真は、配筋検査の様子です

ジオ検査

2人がかりで1時間ほどかけてジックリと検査をしていきます。
あたかも落としたコンタクトレンズを探す女子大生のように・・・(どんな例えや!)

定期訪問

今日は、定期訪問に廻ってきました。
訪問するときはいつもドキドキです。
もしかしたら、不都合なところがあるんじゃないか?笑顔であえないんじゃないか?なんて考えたりします。

しかし、訪問するとすぐにそれがどこかへ行ってしまいます。

笠縫の家は、お友達が家族で遊びにいらっしゃっていました。
私も仲間に入り楽しく雑談。なんか、暖かく迎えられているなという感じがして嬉しかったですね。奥さんがお友達に家の自慢をして頂いているのを聞くと、本当に嬉しくかんじます。

瑞穂の家は、「その後いかがですか?」と伺うと「快適ですよ」という答え。そのあとは、ご主人が作ったバーコラや、空調機のカバーなどの話や、今後の菜園作成計画などを楽しく伺いました。そして最後に「今度、のみに行きましょうか」となりました。

画像-0028.jpg

画像-0029.jpg

住宅屋って、結構大変な仕事ですけれど、こういう事があるからやりがいがあるんですね。住宅を一生懸命造ると、よい人間関係も同時に作られる。

5月にキシラデコールの会(バルコニーなどにキシラデコールを塗るタマゴグミの行事です)のあとに、うちでタマゴオーナ様とと施工中のお客様の会を開こっと。

「なんか気になる家」をつけました

画像-0043.jpg

切通しの家にやっと看板をつけました。

今回新しく作り直したので・・私にしては「ひえ~」というお金が飛んでいきました。清水の舞台から飛び降りるつもりで購入してつけています。

ですから皆さんありがたく見てください。そしてついでに電話やメールをして下さい。もっと言うなら、家を注文してください。

そうすると、看板も喜ぶと思います・・ってね。

鋭い眼光、頭部からは不気味な光を出し、奇妙な音を立ててそいつはやってきました。どうやらこいつはこどもたちや老人を狙っているようです。
人の言葉を理解し、瞬時に振り向き言葉を発する奴は、危険極まりないロボット。

私は危険をかえりみず、カメラを構え撮影に成功した

続きを読む

先日東京で知り合った方からメールを頂いた。
京都の方で音楽をやっていらっしゃる方。とにかく格好いいんですよ。私もこうなりたいなけど、つくり自体が違うしな。

音楽活動のホームページが紹介されていました
名前は「招き猫」

続きを読む

只今お昼です。今日の午後は切通構造見学会です。数組予約いただいています。ありがとうございます。

今日の朝は、ショールームへお客様と一緒にいってきました。その帰り、奥様が

続きを読む

今日のあさ、瑞穂の家へアフターでお邪魔しました。
「こんちわ~」
というと、ご主人が庭から出てこられた。何気なく庭を見ると・・・

続きを読む

家のお金セミナーの準備のため、銀行さんに電話をしたり、本を開いたり、インターネットを調べたり、夜食を買いに行ったり←これはチャウチャウ

そしていろいろ気づいた事がぽろぽろあります。

続きを読む

y邸建前.jpg

今日は切通の家の建前でした。

朝8時から始めて、終わったのはすっかり暗くなった夕方の6時。
やはりタマゴグミの家の上棟は時間がかかる・・・

続きを読む

画像-0031.jpg

明日は切通の家の建前です。

建前はいつも緊張します。構造材は全部私がチェックしていますが、本当に間違いはなかったか、あの時変えた3センチは合っているのかなどと自問します。

そして

続きを読む

今日は岐阜で建替えをお考えになっているお客様と面談しました。
朝11時から始まり、終わったのは3時。

これだけあれば、詳しく家の話が出来たんだろうと思われるでしょうね、実は

続きを読む

もぬけ.jpg

今日、事務所の引越しをしました。

今までお世話になった、A&B'sビルを出て、Agora岐阜へ。

荷物を運び出し、ゴミを捨て、そして何もなくなったとき「あ~こんなに大きかったんだ」と改めて感じました。

続きを読む

今日は朝、瑞穂の家へ伺っいました。ご主人が「ほら、中央の間にもハンモックつけれるようにしたんですよ。ここでハンモックで揺られているとついつい寝ちゃって・・」すると奥さんが

続きを読む

画像-0008.jpg

たまに「あんた設計の仕事しとらんとちゃうの?」といわれるので、ちゃんとやっている証拠をアップします。

ほら、やってるでしょ。

続きを読む

昨日は、ある方の講演を聞きに東京へ。今朝早くに帰ってきました。

講演の内容も良かったのですが、もう一つの目的その講演会場の雅叙園に行って見たかったからです。

続きを読む

山頭邸インナー.jpg

絆の強くなる家、見学会終了しました。
駐車場やご満足な対応が出来ず、ご迷惑をおかけしました。

見学会って、目的はタマゴグミの受注アップのためにやるんですが、最近は全く違う感情を抱いています。

見学会をやるたびに「この仕事をしていて良かったな」と感じるのです。

続きを読む

準備中.jpg

写真は約半分ほど揃って来た資料です。

今回の資料の目玉はなんと言ってもお客様インタビューを通して家造りパートナー選びをご理解いただくしりょうですね。

続きを読む

今日は切通の家の丁張りを見てきた後、笠縫の家へ。下足入と机を運び入れる。
お子様が病気で寝ていてチョッと心配。なんか見学会でご迷惑をかけているんかなと反省。

こんなにご協力してもらっているんだから、有意義な見学会にしようと思っています。

そこで今日は見学会の時の目玉プレゼントについて説明します。

続きを読む

以前の日記

2005年1月から2007年1月までの日記はこちらです。お時間がある方は見てください。

今後の日記はここに書いていきます。

外部ブログのご紹介

岐阜の住宅屋のでいbyでい

日記をこちらでもつけています。携帯でパチリと写真をとってアップできるから便利なんです。
多分こちらのほうが頻繁に更新するはずです

こちらをクリック