岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

年賀状でちょっと自慢をしてしまいました。

今回はいただいた年賀状のコメントを紹介したいと思います。
なぜかって?だって、嬉しかったからです。。。

1通目

2013negga1.gif

まず一つ目は、4年ほど前にお引渡しさせていただいた方からです。

このお客様は、以前名古屋に住んでおられ岐阜にいらっしゃいました。

土地探しのとき、小さなお子様が造ってくれた折り紙の金魚を持ちながら、土地を確認しに行ったことを覚えています。その子ももう小学生。土地探しは結構苦労されましたが、最後には落ち着いた場所によい土地を手に入れられました。

二世帯で住んでいらっしゃって、いつ行っても気さくに迎え入れてくださいます。

奥様は、3人のお子様を育てながら、新たなチャレンジをするために専門学校に通っていらっしゃいます。凄い方なんです。

タマゴグミの深い軒のバルコニーの原型になったお家です。

さて、2つ目は、、、あっ、ちなみに6つめまでありますので、今回は結構長文になります。

2通目

2013nenga2.gif

このお客様がタマゴグミにいらっしゃったのは、すでに建築屋さんがほぼ決まっていたときです。
ずいぶん計画も進んでいたようでしたので、私から「その会社でご計画されてはいかがですか?」といった覚えがあります。

それがなぜかタマゴグミに帰ってきて下さり、建てさせていただく事になりました。

完成間近に、私どもの手違いでエコキュートを壊しちゃって迷惑をかけてしまいました。それでもこのように付き合ってくださるお客様に感謝です。

奥様は、ピアノが上手と聞いていますが、いまだに聴いておりません。
次回の床下点検のときはBGMをお願いしようかと。。

3通目

2013nenga3.gif

3つ目は大垣で建てさせていただいたお客様です。

タマゴグミのCo−Madoriタイプに一枚の壁をつけたお家を造らせていただきました。

打ち合わせのときはいつもネコさんも一緒でした。
すんでいらっしゃったアパートのすぐ隣に建てさせていただいたので窓際でネコさんがいつもジーっとこちらを見ていたのが印象に残っています。

6帖の大きな吹き抜けがあるにもかかわらず、暖かいといって頂きほっとしています。
多分・・・エアコンの性能がいいのかも・・・
すみません、なかなか寄れずに。
ネコさんが増えたようですので、風さんに挨拶がてら寄らせて頂きます。

4通目

2013nenga4.gif

4つ目は岐阜の街中で建てさせていただいたお客様からです。

最初にモデルハウス(私の家です)に奥様とお嬢さまがいらっしゃった帰り際、まだ何も決まっていないのに「じゃあ、お願いします。」といわれ「えっ????うちで本当にいいの??」とビックリしたことをお覚えています。
(お母様が、後々親戚の方に「大丈夫?そんな聞いた事のない会社で。」っていわれてしまったそうです。私がその方だったら・・・・私でもそう思います。)

間口が狭い40坪のお家に住んでいらっしゃり、それを取り壊して新しい家を計画しました。なんとその大きさ17坪ちょっと。。以前の半分もありません。ものを思いっきり捨てていただきました。

不便と感じていないかな?なんて心配していましたが、一安心です。
私にとって40坪を17坪に変える仕事はやりがいのある仕事でした。

5通目

2013nenga5.gif

5つ目は昨年お引渡しさせて頂いたお客さまです。

3年ほど前です。
休みの日に仕事をしていたときお電話を頂き、その日に事務所までいらっしゃって確かその場でご依頼いただいたことが記憶に残っています。

このお家は、ちょっと広いバルコニー、そして半吹き抜け空間があるタマゴグミの新しいスタイルの一号です。と、偉そうに書きましたが、それができたのもお客様のおかげです。
設計を進めるにあたり、お客様の一言一言がヒントになりこの形ができました。

よい家は、土地の条件とお客様の希望と何気ない言葉から生まれるんですね。
そんなことを教えてくれた仕事でした。
お打ち合わせにいくと、元気なお子様2人がいつも楽しみに待っていてくれるのが嬉しかったです。

6通目

2013nenga6.gif

そして最後は、今年になってお引渡しさせていただいたお客様です。

東京に住んでいらっしゃったご夫婦で、引越しを機に岐阜にいらっしゃいました。
お打ち合わせのときのご夫婦の会話や、現場に一緒にいらっしゃったときのご夫婦の様子を見るたび、「ああ、うちもこんな夫婦になりたいな。」という、私が理想とするご夫婦です。

私どもの提案やわがままをを全部採用してくださり、そしてお引渡しのときにお礼を頂けるなんて、改めてこの仕事がよい仕事なんだと感じさせていただきました。

他にもたくさん年賀状をいただきました。
紹介したいのですが写真を撮ったらその方のプライベート情報が出ちゃうものが多いので控えさせていただきました。

こうやって振り返りながら年賀状を見てみて改めて感じるんですね。

タマゴグミって結局よいお客様方に育てられているんだって。

多分、工事中に「いては、どーショーもねーなー」と思われたこともあるでしょう。
けど、それをおおらかに受け止めていただき期待いただいたからこそ、いい家ができたんだなと感じます。

だから私としては、どうしてもこの仕事をずっと続けて行きたい。息子や娘じゃなくても、誰かにタマゴグミを継いでもらって続いていってほしい、それが希望です
大きくなりたいなんて思いません。
このままでいいです、いやいやこのままが良いです。

「はあ?タマゴグミ??何、それ。」っていわれる様に知れ渡らず、ひっそりと細く長く。
そして、建てていただいたお客様と人生を楽しむ。
理想の建築屋像です。