岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

見学会の案内です 12月16日・23日 美濃加茂市中部台

美濃加茂市中部台 たいようの力をそのまま利用した家
日時12月16日(日)と12月23日(日)
時間はいずれも10:00〜17:00です。
場所場所等詳細については、1週間ほど前に、ご登録いただいている方にメール等で送ります。
ご登録がまだの方は、左のバーより資料請求にて資料をご請求いただくか、一番下のフォームよりお申し込みください。

tyuubudaogaikan1.jpg

中部台でもひときわ見晴らしのよいところに、外の壁は火山灰の塗り壁、中の壁も火山灰と一部和紙の家を建築中です。完成は12月中すぎです。

太陽の力をそのまま使った家とは、「そよ風」(環境創機株式会社)のシステムを使い、太陽エネルギーを使って屋根面で空気を暖め、それを床下のコンクリートに蓄熱させて全館暖房を実現した家です。

大きな吹抜があっても、底冷えは感じず快適。夏でも朝の涼しい空気を床下に取り入れ、冷房負荷を下げます。しかも電気代も月1000円程度、経済的です。と書くといいことばかりのようですが

太陽が照らない日は使えない、雨や雪の日も使えない
真冬はそよ風システムだけでは暖はとれず、エアコンなどの暖房機器は要ります。そして設置費用もそれなりに高額という面も持っています。

でも、そんなところもひっくるめて、なんか人間らしい装置でいいなと、私はお勧めしたいのです。

最近エコ住宅がブームですね。

けど、エコ住宅って何でしょう?省エネの住宅?
省エネだったら、部屋を区切って、熱が逃げやすい窓を小さくして、断熱材を思いっきり詰め込んで省エネタイプのエアコンをつければいいんですよね。
そして消費エネルギーをできる限り抑える。

そして、現実にその方向に向かっているような気がします。断熱材が厚くなり、気密性能が上がり、省エネタイプの機器が増え、太陽光発電の設置が増え・・・
いいことです。本当にいいことなんです。

けど、何か違う。いや、違うとは言わないけれど、何かしっくり来ない。
そんな感じを持っている方も増えてきているんじゃないでしょうか?
このままいったら、サンダーバードの基地のような家、ボタンひとつでウィーンと窓やブラインドが動き、省エネ電化製品が活躍しだして、外界と内部を完全に切り離したシェルターこそが理想になってしまわないか?

エコって、自然との調和って言う意味なんですね。

外の世界と内の世界を切り離し、地球環境の負荷を減らす。
これも立派な調和なんですが、肝心な人は管理された室内から、外を覗くという立場が強くなり、調和といえないんじゃないかなとも思うのです。

ちょっと寒いなと思ったら、一枚余分に着込む、ちょっと寒いけれどそれならちょっとガマンしちゃう。そんなエコ、「そよ風」動いているんだから、ちょっと寒いけれどもったいないからエアコンをつけない。

手間隙、やせ我慢、思い込み、

これらにはちょっと不快要素が入っています。
けど、その不快要素が自然と人をつなぐ役割をしているような気がします
これも調和、エコの考えのひとつかななんて思っています。

それと、この小さな不快があるから、ひとは気遣いがができるようになるんじゃないかなと思うのです。
気遣いって、自分がちょっと不快な思いをして、周りの人に快適でいてもらおうとすることで、その周りの人の様子を見て、自分が快適を越した気分がよい思いをすることなんだろうなと考えているからです。

見学会の案内なのに、な〜んか訳のわからないことを言っていますね。わたしは、
実は私もエコって何だろうと考えている最中なのです。

今回は岐阜市内からは遠方です。多分見学される方は少ないでしょう。
ですので、みんなでゆっくりと過ごして、一緒にエコを考えませんか?

なお、近くなったら家のことももう少し紹介しますね。

これで終わるとなんなんで、ちょっと内部の写真をアップしておきます

tyuubudai naikan1.jpg

左官屋さんが内部に火山灰を塗っているところです。質感があってよい仕上がりです。

tyuubudainaikan2.jpg

質感があるって、どんなかんじかというとこのように、太陽の光もやわらかくみえる感じです。

えっ?わかりませんか?やっぱり写真では限界ありますよね。それも素人の写真では。
やっぱり来てください。そして直接見てください。きっと解っていただけるはずです。

今回2日間見学会を行う理由

そよ風のシステムが動き出すが、12月10日過ぎなのです。つまり、16日の見学会のときは動き出したばっかりの状態です。

多分それまでに蓄熱層のコンクリートが十分温まらないと予想します。そこで、お客様にお願いして1週間後も行わせていただくことにしました。

というか・・・・私がどれくらいの変化があるのか体験したいからだったりして・・

ご注意事項

タマゴグミは、チラシをまいたりするオープンな見学会を行っていません。

いままでにタマゴグミの「家づくりの本」を請求いただいた方、もしくは連絡を頂いた方にメールもしくは手紙にて見学会の案内をお送りしています。

見学会に参加希望の方で、タマゴグミに資料請求等をされていない方は、ぜひこの機会にご請求ください。
なお、請求いただいたからといって強引な営業は一切しておりません。ご安心ください。

タマゴグミの勉強の本の請求はこちら