岐阜の自然素材住宅の建築設計事務所です。健康住宅の新築・リフォームを工務店とともに行っています。

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田52-4
【施工地域】岐阜県岐阜市、大垣市、瑞穂市、愛知県、三重県 他

岐阜・愛知の方に無料プレゼント

どうなる?フラット35S

家を計画中の貴方ならフラット35というローンをご存知ですね。
住フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してつくった長期固定金利住宅ローンです。

数年前は全く使い物にならないローンでした。繋ぎ融資が出来ないから土地からの方は殆どダメ、手続きばかり煩雑、検査が多い、そして金利は民間銀行の長期固定金利よりも高い。
何のためにつくったローンだと無視をしてきました。
ただ、そのときでもひとつだけ良い点がありました。
何らかの事情で、お金の借り難い人でも返済能力を基準に判断してくれるところです。

しかし、SBIや楽天モーゲージなどノンバンク系の参入で、金利がグッと下がり、また、つなぎ融資も可能になってきました。
この段階で、タマゴグミとして「フラット35S」というローン商品があることを、皆さんにお伝えしてきました。しかし、金利が低いJAバンクさんの10年固定などと比べるとまだまだ高い感じがして、この段階でも殆どが民間ローンを使用していました。

昨年より、当社で建てられる方の殆どがフラットを検討しています。
それはフラット35Sというものが出来たからです。
フラット35Sは、少しの仕様改良で、何と10年の間1%金利優遇をしてしまうローンです。
2000万円を35年間借りると、何と207万円ほどの差額になるのです。

しかし、どうもこのフラット35S 今年一杯続かないと予想されています。
タマゴグミがお世話になっている会社からの情報によると、どうも夏過ぎには予算枠に達してしまうのではと、言われています。
その後の延長は・・・・わかりません。ただ、フラット35Sは民間銀行住宅ローンを大きく奪っており、銀行からの反発は強いようです。 また、今後の政治もどうなるかわかりませんし。

さて、そうなると

何が何でも、今年の秋頃までには家を。
と、思ってしまいますよね。
多分、今後「早く早く」とあおってくる住宅屋さんも出てくるでしょう。

焦っちゃダメです。 業者都合にのせられたらダメです。
確かに200万円。大きいです。 しかし、焦って失敗するほうがもっと大きいです。

特に土地からの方、絶対あせってはダメですよ。土地選びは住宅選びよりも重要です。貴方と家族の将来を大きく左右させます。

フラット35Sがなくなってしまった場合にお勧めの対処方法があります。
「1日1つ我慢をしてください」
ジュース一本 我慢をする。 菓子パン一個我慢をする。 食後のコーヒーを我慢する。 お菓子一袋を我慢する。

その理由は、次の式です。
159円×30日×12ヶ月×35年=200万3400円

土地選びで、本当は、子供の将来のため、自分の通勤のために駅近くに住もうと思っていたのに、あせって駅までバスで行く土地を買ってしまったとします。バスは往復で定期にしても300円位かかりますね。
それを30年間、しかもお子様の分も合わせると・・・・・・

ねっ、あせっちゃダメなんです。